コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパタチ熱 ぱぱたちねつ Pappataci Fever

1件 の用語解説(パパタチ熱の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぱぱたちねつ【パパタチ熱 Pappataci Fever】

[どんな病気か]
 刺蝶(さしちょう)バエ(砂(すな)バエ、中国では白蛉=パイリン)に刺され、そのハエが保有するウイルスに感染しておこる病気です。
●おもな発生地
 中国の北京(ペキン)~天津(テンシン)地区・香港(ホンコン)、マレーシアミャンマーヒマラヤ山麓(さんろく)、パキスタンインドスリランカ地中海沿岸、アドリア海沿岸、黒海沿岸、グアテマラブラジルアフリカ西部などです。
[症状]
 5~8日の潜伏期間の後、寒けをともなった39℃の高熱が出て、激しい頭痛、眼痛(眼球(がんきゅう)を動かすと目の奥が痛む)、目の充血(じゅうけつ)、全身の関節や筋肉の痛みがあり、吐(は)き気(け)や食欲不振が強く、かなり下痢(げり)もおこり、粘血便(ねんけつべん)が出て赤痢(せきり)とまちがえられることもあります。
 このような症状が2~3日続き、3日目から解熱し、回復に向かいます。有熱期間は短いのですが、衰弱が強いので回復が長びきます。
[治療]
 温暖な季節に流行地に行き、刺蝶バエの刺し傷があればこの病気と診断されます。
 特効薬はないので、アスピリンで痛みを抑えるなどの対症療法が中心になります。生命にかかわることは、まれです。
[予防]
 刺蝶バエの飛ぶ範囲は、高さ3m、横10~20mで、夜間に活動します。流行地では、ベッドに網目の細かい蚊帳(かや)をつり、寝室に殺虫剤をまき、皮膚にクリームを塗りましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

パパタチ熱の関連キーワード使庁師長翅鳥詩調輜重何心地不死身封豕長蛇差茶廝丁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone