パラナ(読み)ぱらな(英語表記)ПаланаPalana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラナ(ロシア連邦)
ぱらな
Палана Palana

ロシア連邦東部、カムチャツカ州コリヤーク自治管区の行政中心地。人口3500(2003推計)。カムチャツカ半島の西岸、オホーツク海へ流入するパラナ川の河口から上流8キロメートルの右岸に位置する。燃料と食料品(魚類)の工業、郷土博物館がある。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パラナの関連情報