パラナ(読み)ぱらな(英語表記)ПаланаPalana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラナ(ロシア連邦)
ぱらな
Палана Palana

ロシア連邦東部、カムチャツカ州コリヤーク自治管区の行政中心地。人口3500(2003推計)。カムチャツカ半島の西岸、オホーツク海へ流入するパラナ川の河口から上流8キロメートルの右岸に位置する。燃料と食料品(魚類)の工業、郷土博物館がある。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パラナの関連情報