コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ・マッチ パリマッチ

2件 の用語解説(パリ・マッチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パリ・マッチ

フランスの週刊誌。1949年創刊。米国の大衆向けグラフ雑誌の影響を受け,写真を中心としたルポルタージュを得意とする。多彩な内容と広い読者層が特色。1972年には時事内容を多くして誌面を刷新したが,長期低落傾向は変わらず,1995年現在発行部数69万部。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリ・マッチ
ぱりまっち
Paris Match

フランスの代表的なグラフ週刊誌。1949年3月、スポーツ週刊誌『マッチMatch(1926創刊)を刷新し、アメリカの写真週刊誌『ライフ』スタイルの新しい雑誌としてジャン・プルボーJean Prouvost(1885―1978)によって創刊された。その新鮮な感覚は多くの読者に親しまれ、ピーク時の59年には発行部数165万部にまで達した。その後しだいに下降線をたどるが、72年12月より、それまでの写真主体の構成から写真と本文とを両立させる紙面へと変更し、判型も通常の週刊誌に近い大きさに縮めるなどして危機に対処した。78年、株式の大部分を大手出版社フィリパッキに買い取られ、編集業務もその傘下に入り、その後はラギャルデール・グループLagardre Groupe傘下のアシェット・フィリパッキ・メディアHachette Filipacchi Mdiasの所有となっている。1994年、大統領ミッテランの「隠し子」の写真を掲載し、権力者のプライバシーには立ち入らないというフランスのグラフ・ジャーナリズムの原則を破り、物議をかもした。[矢野浩三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パリ・マッチの関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パリ・マッチの関連情報