コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パロール parole

翻訳|parole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パロール
parole

ソシュールの用語。彼は複雑で混質的なランガージュ (言語活動) を,本質的,社会的,等質的,体系的なラングと,副次的,個人的,非等質的,遂行的なパロールに分けた。これは語研究上,非常に大きな意味をもつが,必ずしも明確に説かれていない部分もあり,数々の論争を引起した。パロールについていえば,(1) 「個人的」という概念が,個人の発話とか,ラングの個人的使用といった,そのなかに社会習慣的特徴を含んだ意味での「個人的」なのか,社会に対立するばらばらな意味の「個人的」なのか,(2) これと関連して,単語はラングに属するが,はどちらに属すると考えているのか,(3) 「遂行的」という言葉はほぼ発話にあたる面をさしているようであるが,了解活動は含まれないのか,などの問題がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パロール(〈フランス〉parole)

言語学者ソシュールの用語。「言(げん)」と訳される。社会制度としてのラングに依拠しながら、個々人が個々の場面で行使する言葉。→ランガージュラング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パロール【parole】

言語学者ソシュールの用語。ある社会の共有物としてのラング(言語)が、ある個人によって実際にある時、ある場所で使用されたもの。言語活動のうちの個人的・瞬間的・具体的・個別的な側面であり、ラングに対する。「言げん」と訳される。 → ランガージュラング

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

パロールの関連キーワードソシュール(Ferdinand de Saussure)J.I.N. ボードアン・ド・クルトネーランガージュ/ラング/パロールボードアン・ド・クルトネーアイランド・イン・ザ・サンボードゥアン・ド・クルトネソシュール/用語解説É.A. ドリュモンラング(言語学)ポスト構造主義エクリチュールレオン ドーデロゴス中心主義ガーベレンツコンペテンス丸山圭三郎プレベールドリュモンレーフェ保護観察

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パロールの関連情報