パロール(英語表記)parole

翻訳|parole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パロール
parole

ソシュールの用語。彼は複雑で混質的なランガージュ (言語活動) を,本質的,社会的,等質的,体系的なラングと,副次的,個人的,非等質的,遂行的なパロールに分けた。これは語研究上,非常に大きな意味をもつが,必ずしも明確に説かれていない部分もあり,数々の論争を引起した。パロールについていえば,(1) 「個人的」という概念が,個人の発話とか,ラングの個人的使用といった,そのなかに社会習慣的特徴を含んだ意味での「個人的」なのか,社会に対立するばらばらな意味の「個人的」なのか,(2) これと関連して,単語はラングに属するが,はどちらに属すると考えているのか,(3) 「遂行的」という言葉はほぼ発話にあたる面をさしているようであるが,了解活動は含まれないのか,などの問題がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

パロール【parole】

言語学者ソシュールの用語。ある社会の共有物としてのラング(言語)が、ある個人によって実際にある時、ある場所で使用されたもの。言語活動のうちの個人的・瞬間的・具体的・個別的な側面であり、ラングに対する。「言げん」と訳される。 → ランガージュラング

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報