コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンジー パンジー

7件 の用語解説(パンジーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンジー
パンジー

「サンシキスミレ (三色菫)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パンジー(pansy)

サンシキスミレの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パンジー

サンシキスミレとも。春の代表的な花壇用草花とされるスミレ科の園芸種で,19世紀以来ヨーロッパで交雑によって改良されたもの。夏の暑さに弱いので,日本では秋まき一年草として扱う。
→関連項目スミレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

色名がわかる辞典の解説

パンジー【pansy】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こい青紫」としている。一般に、スミレ科パンジーのようなみがかった濃い色をさす。ヨーロッパ原産で、日本ではサンシキスミレ呼ばれる。寒冷地では春から夏にかけて多彩な色の花を咲かせるが、そのうち紫系統の色のこと。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パンジー【pansy】

スミレ科の一年草(イラスト)。和名はサンシキスミレ(三色スミレ)で,原種であるV.tricolor L.(英名wild pansy,heartsease,Johnny‐jump‐up)が,1花に紫,黄,白,あるいは紫,黄,青の3色をあわせもつことに由来する。ヨーロッパで19世紀初めごろから,イギリスのトムソンTompsonなどの手によって改良が始められ,同世紀末には,現在栽培されている品種の基礎的品種がほとんど完成されていて,この間にV.tricolorを中心に,V.lutea,V.altaica,V.cornuta,V.calcarataなどの近縁種が交配されて,完全な人工雑種起源の合成種となって発達をしたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パンジー【pansy】

スミレ科の越年草。北ヨーロッパ原産。高さ20センチメートル 内外。春、花柄の先に径3~10センチメートルの五弁花をつける。花弁は表面がビロード状。多数の園芸品種があり、三色から成るものが多いが、単色種もある。花壇・切り花用。三色菫さんしきすみれ[季] 春。
深い青紫色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンジー
ぱんじー
pansy
[学]Viola tricolor L. var. hortensis DC.

スミレ科の半耐寒性一年草。和名をサンシキスミレ(三色菫)とよぶが、これは学名ビオラ・トリコロルを訳したものである。日本ではこの系統のものをすべてパンジーの名でよんでいるが、欧米では、ビオラ・トリコロルのうち園芸品種の系統をパンジーとよび、野生種の系統はハートシーズheartseaseとよんで区別している。北ヨーロッパ原産のスミレから改良されたもので、春の花壇、鉢植え用とするほか、切り花にも利用する。栽培はすでに、近世紀の初めにはヨーロッパの庭園で行われていたといわれるが、その種類は野生種に近いものであったらしい。日本には江戸時代に渡来し、ユウチョウカ(遊蝶花)などとよばれて親しまれてきたが、品種改良に着手したのはそれほど古くはない。
 高さは15~30センチメートル、茎はやや直立するか横に広がり、多数分枝する。基部の葉は卵円形であるが、上部はやや細長いへら状になる。花は葉腋(ようえき)から出る1花柄の先に1花をつけ、花径は3センチメートルから12センチメートルまであり、小・中・大輪種がある。花色は黄、紫、黒の3色が主体をなすが、そのほか、青、白、赤褐、橙(だいだい)色などがあり、またこれらの複色のほか、ほぼ1色の単色種もある。開花期は11月から翌年の6~7月に及ぶが、普通は3月から5~6月までが観賞の適期である。
 欧米および日本で品種改良が盛んで、一代雑種(F1)が多数作出されている。品種は大別すると、現在栽培されているパンジーの大部分を含むガーデンパンジーgarden pansyと、西フランス産のコルヌタ種から育成された小輪多花性のタフテッドパンジーtufted pansyに分けられる。ガーデンパンジーにはまたいくつかの系統があり、巨大輪のマジェスチックジャイアント系、中輪多花性の二十世紀シリーズ、クリスタルシリーズなどがある。このほか、鉢植えやプランター用として、シャロンジャイアント系、スイスジャイアント系などがある。またタフテッドパンジーには、マジシャン、キングヘンリーなどがある。[鶴島久男]

栽培

普通は8月下旬から9月上旬に種子を播(ま)くが、この時期は高温すぎて、発芽適温が10~15℃のパンジーには条件が悪いので、半日陰で通風のよい所で発芽させる。発芽後半月くらいで一度仮植えし、本葉5、6枚のころに冬越しさせる植床に定植する。このとき堆肥(たいひ)のほか化成肥料などを植床に鋤(す)き込む。冬越しは関東以西では簡単な霜よけを北側につくるだけで十分であるが、寒冷地ではフレームなどに定植する。寒さによく耐え、霜よけ下で1月下旬ころから開花するが、寒中はこれを鉢にとって室内で管理し、3月下旬ころ花壇または鉢に植える。花壇の場合はよく育った株を20~25センチメートル間隔で植える。鉢植えには大輪系品種が、花壇には一代雑種の単色の品種などをまとめて植えるとよく似合う。[鶴島久男]

文化史

パンジーの原種はビオラ・トリコロルViola tricolor L.で、16世紀中ごろにはイギリスで栽培下にあったが、改良が進んだのは19世紀以降である。それには、さらにビオラ・ルーテアV. lutea HudsonやアルタイスミレV. altaica Ker-Gawlerなど数種が関与した。イギリスでは退役した海軍提督のガンビア卿(きょう)が、30年に及ぶ育種で観賞パンジーをつくりあげた。花弁の付け根に黒い斑点(はんてん)のあるパンジーは、1830年ごろ野生の変異のなかから彼がみいだし、育成した。19世紀にはフランス、ドイツでも改良が始まり、20世紀にはスイス、アメリカが加わり、第二次世界大戦後は日本で優れた品種が作出されている。
 シェークスピアは『真夏の夜の夢』で、パンジーを媚薬(びやく)として使い、眠っている間にその花汁をまぶたに塗られると、目覚めたとき、最初に見たものに恋をするという喜劇を描いた。パンジーの名はフランス語のパンセ(考える)に由来するが、それはパンジーのつぼみが下を向き、頭を垂れて物思う姿を思わせるからである。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパンジーの言及

【スミレ】より

…花からは香水がつくられる。またヨーロッパ原産のサンシキスミレ(パンジー)はもっとも普通な花壇・鉢植えの園芸植物の一つになっている。スミレ属は,若葉や根茎が食用にされることもある。…

※「パンジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンジーの関連キーワードエイザンスミレツボスミレ葵菫茜菫叡山菫三色菫匂菫アイヌ立壺菫立壺菫壺菫

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンジーの関連情報