コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンフョーロフ パンフョーロフ Panfërov, Fëdor Ivanovich

2件 の用語解説(パンフョーロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンフョーロフ
パンフョーロフ
Panfërov, Fëdor Ivanovich

[生]1896.10.2. サラトフ
[没]1960.9.10. モスクワ
ソ連の小説家。貧農の家に生れ,1926年共産党入党。 20年代から創作活動に従事。ソ連邦最高会議代議員,ロシア共和国最高会議代議員を歴任。代表作は農村集団化の過程を自然主義的な手法で描いた長編『ブルスキ』 Bruski (4部,1928~37) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンフョーロフ
ぱんふょーろふ
Фёдор Иванович Панфёров Fyodor Ivanovich Panfyorov
(1896―1960)

ソ連の小説家。貧農の出身。革命後サラトフ大学に学び、農村ものの中・短編で出発、農業集団化を描いた長編『ブルスキー』(1928~37)が、その自然主義的作風、粗野な文体で大きな論議をよんだ。1931年から死去まで『十月(オクチャーブリ)』編集長。第二次世界大戦後は『平和のための闘い』(1945~47)でスターリン賞を受け、三部作『母なるボルガ』(1953~60)を書く。[江川 卓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンフョーロフの関連キーワードサラトガの戦いサラトフNささら・ぐСаратовさらめ・く三角数バヤリース さらさらトマトケラトファイアケラトフィライト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone