コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パームシベット palm civet

世界大百科事典 第2版の解説

パームシベット【palm civet】

体型はイタチ類に似るが,吻(ふん)がとがり,尾が長い食肉目ジャコウネコパームシベット亜科Paradoxurinaeの哺乳類の総称。アジア南部に5属6種,アフリカナンジニア(キノボリジャコウネコ)1属1種があり,日本で知られるハクビシンもパームシベットに含まれる。また,ビンツロングも分類学的には含まれるが,通常パームシベットとは呼ばない。体長43~100cm,尾長40~66cm,体重1.5~5kg。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パームシベット
ぱーむしべっと
palm civet

広義には哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科ハクビシン亜科に属する動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この亜科Paradoxurinaeの仲間は、アフリカ、アジア産の小形ジャコウネコで、アフリカ産のアフリカパームシベットNandinia binotata、本州、四国、台湾などに分布するハクビシンPaguma larvata、インドからボルネオ島まで分布するミスジパームシベットArctogalidea trivirgataなど7属9種がある。四肢ともに5指を有し、足底を半分ほど地面につけて歩く半蹠行(しょこう)性。多くは尾が長く、樹上性に適応しているが、地上でも活動する。小鳥や小動物のほか、果実も食べる雑食性である。
 狭義にパームシベットとよばれる種はマレパームシベットParadoxurus hermaphroditusで、スリランカ、インドから、広く東南アジアに分布し、頭胴長48~59センチメートル、尾長44~54センチメートル。体毛の地色は灰褐色または灰黄色、背面に暗色の縞(しま)模様、肩、体側、大腿(だいたい)部に斑点(はんてん)がある。夜行性で、ほとんど樹上で生活するが、イエネズミなどをとらえるためにときに人家付近に現れる。交尾期以外は単独で暮らす。1産3子を樹洞や石の間に産む。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone