コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パームシベット palm civet

2件 の用語解説(パームシベットの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パームシベット【palm civet】

体型はイタチ類に似るが,吻(ふん)がとがり,尾が長い食肉目ジャコウネコパームシベット亜科Paradoxurinaeの哺乳類の総称。アジア南部に5属6種,アフリカナンジニア(キノボリジャコウネコ)1属1種があり,日本で知られるハクビシンもパームシベットに含まれる。また,ビンツロングも分類学的には含まれるが,通常パームシベットとは呼ばない。体長43~100cm,尾長40~66cm,体重1.5~5kg。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パームシベット
ぱーむしべっと
palm civet

広義には哺乳(ほにゅう)綱食肉目ジャコウネコ科ハクビシン亜科に属する動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この亜科Paradoxurinaeの仲間は、アフリカ、アジア産の小形ジャコウネコで、アフリカ産のアフリカパームシベットNandinia binotata、本州、四国、台湾などに分布するハクビシンPaguma larvata、インドからボルネオ島まで分布するミスジパームシベットArctogalidea trivirgataなど7属9種がある。四肢ともに5指を有し、足底を半分ほど地面につけて歩く半蹠行(しょこう)性。多くは尾が長く、樹上性に適応しているが、地上でも活動する。小鳥や小動物のほか、果実も食べる雑食性である。
 狭義にパームシベットとよばれる種はマレパームシベットParadoxurus hermaphroditusで、スリランカ、インドから、広く東南アジアに分布し、頭胴長48~59センチメートル、尾長44~54センチメートル。体毛の地色は灰褐色または灰黄色、背面に暗色の縞(しま)模様、肩、体側、大腿(だいたい)部に斑点(はんてん)がある。夜行性で、ほとんど樹上で生活するが、イエネズミなどをとらえるためにときに人家付近に現れる。交尾期以外は単独で暮らす。1産3子を樹洞や石の間に産む。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パームシベットの関連キーワードハイフンカイマンハイエナ地鼠麝香猫ダブルハイフン屈狸とがとが・し似鱚オキアミ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone