コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエロクレス ヒエロクレスHieroklēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒエロクレス
Hieroklēs

1~2世紀頃在世のギリシアの哲学者。ストア派の立場から『倫理学要綱』 Ethikē stoicheiōsisや『義務論』 Peri kathēkontōnを著わした。

ヒエロクレス
Hieroklēs

[生]?
[没]535頃
ビザンチンの文法学者。 535年公用資料を使って帝国の 64の属州と 923の町の一覧表を作成,これを『旅の友』 Synekdēmosと名づけた。イスラム侵攻以前の帝国の版図を知るうえで最も重要な資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android