ヒガンフグ(英語表記)Takifugu pardalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガンフグ
Takifugu pardalis

フグ目フグ科の海水魚全長 35cm内外。淡褐色の地に多数の小黒褐色点が散在する。皮膚にいぼ状の小突起が密にある。フグ料理に用いられるが,毒性は強く,ことに卵巣肝臓猛毒。本州中部の太平洋側で,春の彼岸の頃(→彼岸会)多く漁獲されるので,その名がある。北海道南部から東シナ海黄海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒガンフグ
ひがんふぐ / 彼岸河豚
[学]Takifugu pardalis

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。北海道以南の日本沿岸各地と黄海に分布する。皮膚に柔軟な小瘤(しょうりゅう)状物が密生する。体色は背側が褐色で暗褐色の小斑(しょうはん)が散在する。体長は30センチメートルに達する。春の彼岸(ひがん)のころ沿岸に産卵のため押し寄せるのが名の由来である。関東地方近海ではクサフグと同じ場所で産卵することもある。肉はかなり美味である。卵巣と肝臓は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は弱毒である。[松浦啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android