コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガンフグ ヒガンフグTakifugu pardalis

2件 の用語解説(ヒガンフグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガンフグ
ヒガンフグ
Takifugu pardalis

フグ目フグ科の海水魚。全長 35cm内外。淡褐色の地に多数の小黒褐色点が散在する。皮膚にいぼ状の小突起が密にある。フグ料理に用いられるが,毒性は強く,ことに卵巣と肝臓は猛毒。本州中部の太平洋側で,春の彼岸の頃(→彼岸会)多く漁獲されるので,その名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒガンフグ
ひがんふぐ / 彼岸河豚
[学]Takifugu pardalis

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。北海道以南の日本沿岸各地と黄海に分布する。皮膚に柔軟な小瘤(しょうりゅう)状物が密生する。体色は背側が褐色で暗褐色の小斑(しょうはん)が散在する。体長は30センチメートルに達する。春の彼岸(ひがん)のころ沿岸に産卵のため押し寄せるのが名の由来である。関東地方近海ではクサフグと同じ場所で産卵することもある。肉はかなり美味である。卵巣と肝臓は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は弱毒である。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒガンフグの関連キーワードダックスフンドノンステップバスウサギギクカイチュウ(回虫)カマキリ(魚類)カモメ(鴎)キスケンサキイカシュロソウ戦艦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒガンフグの関連情報