コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼岸会 ひがんえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彼岸会
ひがんえ

単に彼岸ともいう。追善儀礼などを主体とした仏教行事の一つ。春分秋分の前後1週間に行う法会。インド,中国にはなく,日本にのみ行われる仏事で,僧侶は法要儀式をとり行い,在家信者は寺院に詣で,墓参する。起源については定かでないが,平安時代以後一般に行われるようになった。彼岸は梵語パーラミター pāramitāの訳で,「迷いの此岸から悟りの彼岸に到達すること」を意味する。春の彼岸を「先の彼岸」,秋の彼岸を「あとの彼岸」などともいい,「暑さ寒さも彼岸まで」などといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひがん‐え〔‐ヱ〕【彼岸会】

春秋の2回、彼岸の7日間に行われる法会。寺院に参詣し、墓参などの仏事を行う。俳句では特に春についていう。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

彼岸会【ひがんえ】

彼岸の7日間行われる仏教の法会。彼岸とは涅槃(ねはん)の世界の意で,煩悩の此岸(しがん)に対し,悟りの世界に至る願望(到彼岸)を表す。中日(ちゅうにち)の日没が真西に当たるので,西方浄土を希求する願いが民俗と合した行事か。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

彼岸会

春分の日、秋分の日を中日として、その前後各三日、すなわち七日間を春・秋の彼岸と呼ぶ。太陽が真西に沈むので、阿弥陀仏(あみだぶつ)のいる西方極楽世界を思う仏教行事だとされているが、本来の仏教行事ではない。「日オガミ」が「日ガミ」になったという説もあるように、日本古来の民間行事であるようだ。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ひがんえ【彼岸会】

彼岸の七日間に行われる春秋二度の仏事。平安初期に始まるという。現在も墓参などが広く行われている。日本独自の習俗が仏教と結びついたものと考えられる。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の彼岸会の言及

【彼岸】より

春分秋分を中日として,その前後おのおの3日にわたる1週間を〈お彼岸〉と称し,この期間に寺院では彼岸会という法会を行い,信者は寺に参詣し,説法を聴聞,また墓参などをする。このような習俗はインド,中国にもみられず,日本にしかない。…

※「彼岸会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彼岸会の関連キーワード彼岸(仏教、民俗)葬送儀礼のことばヒガンフグ彼岸参り御彼岸茶の子弱法師習俗季語春秋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android