コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲワシ ヒゲワシ Gypaetus barbatus; bearded vulture; lammergeier

2件 の用語解説(ヒゲワシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゲワシ
ヒゲワシ
Gypaetus barbatus; bearded vulture; lammergeier

タカ目タカ科。大型のハゲワシの1種で,全長 1.1m。頭部は汚白色で黒い過眼線があり,眼先と顎には黒い剛毛が生えている。背以下の背面は灰黒色,胸以下の下面は黄褐色。尾は長く,楔形。岩棚の上に巣をつくって1腹1卵を産む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゲワシ
ひげわし / 鬚鷲
bearded vulturelammergeier
[学]Gypaetus barbatus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ヨーロッパ南部、アフリカ北部、アジア南西部の山岳地帯に分布する。全長約1メートル、翼開張2.7メートルに達する大形種である。翼は細長く、尾も長くてくさび形をしている。体の上面は黒褐色、下面は黄褐色で、頭部は灰色。眼先(めさき)にひげのような黒い毛が生えているのでこの名がある。山岳の岩棚に巣をつくり、一卵を産む。おもに動物の死体を食べるが、太い骨を空中から岩の上に落として砕き、骨髄や骨片を食べるのをとくに好む。生きた獣類やカメなどを岩上に落として殺し、食べることもある。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒゲワシの関連キーワード禿鷹禿鷲タカ(鷹)ワシ(鷲)イヌワシ(犬鷲)オオワシ(大鷲)ハイタカ(鷂)ハゲタカ(禿鷹)ハゲワシ(禿鷲)ヨタカ(夜鷹)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒゲワシの関連情報