コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッチングス ヒッチングス Hitchings, George Herbert

2件 の用語解説(ヒッチングスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッチングス
ヒッチングス
Hitchings, George Herbert

[生]1905.4.18. ホキアム
[没]1998.2.27. ノースカロライナ,チャペルヒル
アメリカの薬理学者。ワシントン大学卒業後,1933年ハーバード大学生化学の博士号を取得。 42年バローズ・ウェルカム研究所に入所。 G.B.エリオンとともに 40年間にわたり多くの重要な薬品を開発した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒッチングス
ひっちんぐす
George Herbert Hitchings
(1905―1998)

アメリカの薬理学者。ワシントン州ホークウィアムに生まれる。ワシントン大学で化学を学び、1927年に卒業、ハーバード大学医学部に進学し、1933年生化学博士号を取得した。同大学およびウェスタン・リザーブ大学(現、ケース・ウェスタン・リザーブ大学)での教職を経て、1942年にウェルカム研究所に入所、1967年からは副所長となり、1976年退職して名誉研究員となった。なお、1971年にはウェルカム財団の会長に就任した。
 1942年から細胞代謝におけるプリン化合物の役割について研究を開始した。1944年からG・B・エリオンが研究に参加し、1951年に彼らはプリン誘導体である6‐メルカプトプリン(6MP:6-Mercaptopurine)の合成に成功し、この物質がDNAの合成を抑制する働きのあることを発見した。6MPやそれを改良したイムランは癌(がん)、とくに白血病の治療薬として用いられている。さらに、痛風の治療薬アロプリノールをはじめ、多くの新薬を開発した。ヒッチングスの新薬開発法は、従来の偶然に頼り、試行錯誤を繰り返す方法とは異なり、生命活動に重要な物質を生化学的に研究し、方針を立てて薬物を設計していくものであった。この開発法は高く評価され、1988年に「薬物療法における重要な原理を発見」した功績により、エリオンおよびイギリスの薬理学者J・W・ブラックとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒッチングスの関連キーワード吐き出す補記蒲葵ホキコロッキアムアムリット宮崎県西都市穂北保木脇梶野行篤カホキア遺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone