コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツバハギ

百科事典マイペディアの解説

ヒトツバハギ

トウダイグサ科の落葉低木。本州(中部地方以西)〜九州,東アジアの山野に広くはえる。葉は楕円形で,裏面は白っぽい。雌雄異株。6〜8月,各葉腋に淡黄色の小花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツバハギ【Securinega suffruticosa (Pall.) Rehd.】

平地~低山の陽地に生育するトウダイグサ科の落葉低木。本州中部の太平洋側~沖縄,台湾,朝鮮,中国,シベリア東部やヒマラヤに分布する。高さ2m内外。細い枝が長くしだれるようすが,一見ハギに似て,単葉であるところから〈一つ葉萩〉という。長さ3~5cmの楕円形の葉を互生する。雌雄異株。6月ごろ,淡黄色の小さな花(径3mm)が,雌株では5個内外,雄株では多数,葉腋(ようえき)に束生する。雌花,雄花はともに花弁がなく,5枚の萼片を有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツバハギ
ひとつばはぎ / 一葉萩
[学]Securinega suffruticosa (Pall.) Rehd.

トウダイグサ科の落葉低木。高さ約2メートル。小枝は長く伸び、しばしば先端は垂れ下がる。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形または卵状楕円形で長さ4~5センチメートル、全縁で先は鈍くとがる。雌雄異株。夏、雌・雄花ともに葉腋(ようえき)に叢生(そうせい)する。花被(かひ)は萼片(がくへん)、花弁の区別がなく5枚、小形で淡黄色。雄花は雄しべが5本。雌花は雌しべが1本、子房は3室、花柱は3裂する。(さくか)は熟して3殻片に裂開し、種子を散布する。種子は各室に2個。低地の原野に生え、関東地方以西の本州から九州、奄美(あまみ)大島、および朝鮮半島、中国に分布する。名は全体がハギに似ており、単葉であることによる。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android