コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトモトススキ twig‐rush

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトモトススキ【twig‐rush】

海岸に近い湿地に生える大型のカヤツリグサ科多年草(イラスト)。異名のシシキリガヤは本種の丈夫な葉が鋭い鋸歯縁をもっていてイノシシさえも切るほどだ,という意味である。短い根茎があって大きな群落を作る。茎は円柱形で太く,高さ2m余りに達し,節があり,葉をつける。葉は幅1cmくらいの広線形で,長さ1m近くにもなり,硬く,革質,やや灰色がかった緑色で,縁にはきわめて鋭い鋸歯がある。8~10月,長さ60cmの大型の円錐花序を出し,褐色で小型の小穂を無数に密生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトモトススキ
ひともとすすき / 一本薄
[学]Cladium chinense Nees

カヤツリグサ科の多年草。大形、剛壮で、高さ2メートルに達する。葉は厚くて堅く、幅0.8~1センチメートル。中央脈と縁(へり)は鋸歯(きょし)状になり、ざらつく。夏から秋、多数の小穂を密につける。海岸の湿地に大きな群落をつくり、関東地方以西の本州から沖縄、および朝鮮半島南部、中国、マレーシア、オーストラリアに分布する。名の由来は、一株から多数の葉が出るからといわれる。また別名シシキリガヤ(猪切茅)ともいうが、これは葉がざらつくため、イノシシの肉でも切れるという意味である。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒトモトススキの関連キーワード浮島(池沼)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android