コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動酸化 じどうさんかautoxidation

翻訳|autoxidation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動酸化
じどうさんか
autoxidation

空気中の酸素によって常温で起る酸化反応。亜硫酸亜鉛は自動酸化によって硫酸亜鉛に変る。亜麻仁油,テルペン,ベンズアルデヒドヒドロキノンなどのような有機化合物は酸素と反応してハイドロパーオキシドを経て酸化される。乾性油の乾燥や油脂酸敗は自動酸化のためである。自動酸化は熱,光,金属などで促進される。自動酸化を防ぐためには酸化防止剤が利用される。生体中でもフラビンヌクレオチドシステインやグルタチオンのように自動酸化を受けやすいものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

自動酸化

 空気中の酸素によって物質が自然に酸化される現象.油脂の酸化をいう場合が多い.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自動酸化
じどうさんか
autoxidation

種々の有機化合物や無機化合物が空気中の酸素により室温で酸化される反応。植物油や魚油を空気中に放置しておくと徐々に変質し、場合によっては表面に薄い皮膜が生ずる。これらの変質は油が自動酸化されるためである。また、油を使った食品(たとえばポテトチップやインスタントラーメン)などの古いものや、あるいは空気中に長く放置したものの味が低下するのも、自動酸化による変質のためである。さらに、タイヤなどのゴム製品や各種のプラスチック製品が古くなると傷み、場合によってはぼろぼろに劣化するのもこのためである。したがって、合成繊維など各種の有機高分子材料の利用に際しては、その自動酸化をいかに防ぐかが重要な課題であり、そのために適切な酸化防止剤が添加されている。
 純粋なベンズアルデヒドを空気中に放置すると、速やかに自動酸化を受け、過安息香酸を経て安息香酸に酸化され、その白色の結晶が析出する。このような自動酸化は、一般に遊離基(フリーラジカル)を中間体とする連鎖反応により進行し、まず過酸化物を生成する。フェノール性の化合物などを添加しておくと、自動酸化を抑制することができる。したがって、合成繊維やプラスチックには抑制剤としてこれらを添加してあることが多い。自動酸化は物質を劣化させるのみでなく、有用な物質の合成にも利用できる。たとえば、クメン(イソプロピルベンゼン)の自動酸化で、クメンのヒドロペルオキシドを製造し、これを酸で分解してフェノールとアセトンを製造することができる。無機化合物では、亜硫酸ナトリウムや鉄()塩が容易に自動酸化される。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自動酸化の言及

【酸敗】より

…酸敗の反応は,酸化型酸敗,加水分解型酸敗,ケトン型酸敗に大別される。(1)酸化型酸敗 空気中の酸素が油脂の不飽和脂肪酸の不飽和結合部分に結合して(自動酸化という)ヒドロペルオキシドを生じ,この反応が連鎖的に進行して不飽和結合が切れ,その結果,低級不飽和のアルデヒド,遊離脂肪酸,ケトンなどが生成して悪臭を生ずる。魚油のように不飽和脂肪酸を多く含む油脂で起こりやすく,光,熱,金属などの存在で反応が促進される。…

※「自動酸化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自動酸化の関連キーワードクーン(Richard Kuhn)エーテル(酸素化合物)チトクロムオキシダーゼシュタウディンガーヒドロペルオキシドリーベルマン反応トコフェロール不飽和脂肪酸ツンベリー管サフラワー油ラジカル反応カタラーゼフェノール過酸化水素ドライヤーラジカル油脂化学BHT大豆油椿油

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android