コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナザクラ

百科事典マイペディアの解説

ヒナザクラ

ハクサンコザクラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒナザクラ
ひなざくら / 雛桜
[学]Primula nipponica Yatabe

サクラソウ科の多年草。小形のサクラソウの仲間で、全株無毛。葉は数枚根生し、匙(さじ)形で縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。夏のころ、高さ約10センチメートルの花茎を出し、径約1.5センチメートルの白色花を数個開く。花冠は5裂し、先端に切れ込みがある。吾妻山(あづまやま)、朝日連峰から八甲田山の高山湿性地に群生する。[鳥居恒夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒナザクラの言及

【サクラソウ(桜草)】より

…日本の中・北部の亜高山帯の湿性お花畑を彩る小型の草本。紅紫色の花をつけるハクサンコザクラP.cuneifolia Ledeb.ssp.hakusanensis (Franch.) Kitam.(イラスト)とエゾコザクラP.cuneifolia Ledeb.ssp.cuneifoliaはそれぞれ本州中部と北海道に,白色の花をつけるヒナザクラP.nipponica Yatabeは本州北部と互いに住み分けている。花茎や葉の粉状物の有無により,2グループに分けられる。…

※「ヒナザクラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒナザクラの関連キーワードサクラソウ(桜草)サクラソウ科

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android