コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメウ ヒメウ Phalacrocorax pelagicus; pelagic cormorant

2件 の用語解説(ヒメウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメウ
ヒメウ
Phalacrocorax pelagicus; pelagic cormorant

カツオドリ目ウ科。全長 63~89cm。全身青や緑の金属光沢のある黒色。のつけ根から眼の周囲は皮膚が裸出し,冬季では黒紫だが,生殖羽(→羽衣)では拡大して赤くなる。また,頭頂と後頭に二つの冠羽(→羽冠)が生じ,腿に顕著な白斑が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメウ
ひめう / 姫鵜
pelagic cormorant
[学]Phalacrocorax pelagicus

鳥綱ペリカン目ウ科の海鳥。全長約68センチメートルの大形種。北太平洋北部沿岸域に広く分布し、島や海岸の断崖(だんがい)の棚に営巣して、冬季にはいくらか南に移動する。潜水して魚類をとらえる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒメウの言及

【ウ(鵜)】より

…なお,中国の鵜飼いはカワウを使っている。ヒメウP.pelagicus(イラスト)とチシマウガラスP.urileはともに北太平洋沿岸がおもな繁殖地で,日本ではヒメウが北海道,東北地方北部,九州北部で,チシマウガラスが北海道東部の海岸や島で繁殖している。ウの仲間は集団繁殖し,巣は崖や島の平らなところ,水辺の樹上につくられる。…

※「ヒメウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメウの関連キーワードガネット鰹鳥花鰹カツオドリ(鰹鳥)アオツラカツオドリアカアシカツオドリオーストラリアカツオドリケープカツオドリシロカツオドリモモグロカツオドリ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメウの関連情報