コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメウ Phalacrocorax pelagicus; pelagic cormorant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメウ
Phalacrocorax pelagicus; pelagic cormorant

カツオドリ目科。全長 63~89cm。全身青や緑の金属光沢のある黒色。のつけ根から眼の周囲は皮膚が裸出し,冬季では黒紫だが,生殖羽(→羽衣)では拡大して赤くなる。また,頭頂と後頭に二つの冠羽(→羽冠)が生じ,腿に顕著な白斑が現れる。東アジア北部からバハカリフォルニア半島までの北太平洋沿岸に繁殖分布する。日本では北陸地方から九州地方北部までの日本海側,本州北部,北海道などの海岸や沿岸の島で繁殖している。断崖の岩棚に海藻や枯れ草で巣をつくり,2~5卵を産む。留鳥だが,冬はやや南へ分布を広げ,沖合いにも姿を見せる。潜水して魚類,イカなどをとって食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメウ
ひめう / 姫鵜
pelagic cormorant
[学]Phalacrocorax pelagicus

鳥綱ペリカン目ウ科の海鳥。全長約68センチメートルの大形種。北太平洋北部沿岸域に広く分布し、島や海岸の断崖(だんがい)の棚に営巣して、冬季にはいくらか南に移動する。潜水して魚類をとらえる。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒメウの言及

【ウ(鵜)】より

…なお,中国の鵜飼いはカワウを使っている。ヒメウP.pelagicus(イラスト)とチシマウガラスP.urileはともに北太平洋沿岸がおもな繁殖地で,日本ではヒメウが北海道,東北地方北部,九州北部で,チシマウガラスが北海道東部の海岸や島で繁殖している。ウの仲間は集団繁殖し,巣は崖や島の平らなところ,水辺の樹上につくられる。…

※「ヒメウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒメウの関連キーワードポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区ミヤマウスユキソウ(深山薄雪草)ウメバチソウ(梅鉢草)ピジョン島国立公園ウスバシロチョウウミガメ(海亀)ウラナミジャノメウコギ(五加)ウツギ(空木)フウキンチョウエーデルワイスウスバアゲハウラシマソウオオクボシダキャラウェイウナギギンポヒメウラボシ五加・五加木ウォンバットキャラウェー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒメウの関連情報