コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタカメムシ ヒラタカメムシAradidae; flat bug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタカメムシ
Aradidae; flat bug

半翅目異翅亜目ヒラタカメムシ科に属する昆虫の総称。きわめて扁平で幅広のカメムシ。体長5~12mm。全体に暗褐色または茶褐色で樹皮の一部に見えるものが多く,一般に上から見ると長楕円形である。触角は4節で,各節の間はくびれている。頭頂は狭く突出し,触角突起がよく発達する。単眼はなく,口吻は3節。前胸背の肩が張出すことが多い。肢は全体に細い。腹部は扁平で幅広く,前翅下からはみ出して広がっている。朽ち木の樹皮下などによくみられ,日本には約 30種が知られる。ヒラタカメムシ Aradus consentaneusは体長 6mm内外,淡褐色の種で,表面がざらざらしている。この種は日本全土に分布し,シラカバの薪の切り口などによく集る。 (→異翅類 , 半翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラタカメムシ【flat bug】

半翅目ヒラタカメムシ科Aradidaeの昆虫の総称,またはこのうちの1種を指す。この科のカメムシは小型から中型で,体は赤褐色または黒色。突起や瘤状隆起のあるものが多い。単眼を欠き,口吻(こうふん)は3節で短いが中の小針は非常に長い。サルノコシカケなどのキノコ類につくものや,枯木の樹皮下や材の切口などに生活するものがいるがいずれも食菌性であろう。世界に1000種,日本では二十数種が記録されている。 代表種ヒラタカメムシAradus conentaneusは体長6mm内外。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタカメムシ
ひらたかめむし / 扁平亀虫・扁椿象
flatbug

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目ヒラタカメムシ科Aradidaeの昆虫の総称、およびそのなかの1種。体はきわめて扁平(へんぺい)で、大きくても体長はせいぜい20ミリ。触角は四節からなり、各節間は強くくびれる。単眼を欠き、口吻(こうふん)は三節。脚(あし)(ふせつ)は二節。朽ち木の樹皮下やキノコ上に生活し、食菌性である。口吻の長さが頭部より長いものと、短いものに大きく分類される。はねは長短いろいろで、長いものでも大部分が膜質となるものがある。
 ヒラタカメムシAradus consentanusは体長約6ミリで、体全体が光沢のない淡褐色を帯びる。日本全土に分布し、おもに山地性。シラカバなどの朽ち木や薪(まき)にすむ。また、各地に普通のノコギリヒラタカメムシA. orientalisほかが知られる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒラタカメムシの関連キーワード鈴谷扁亀虫疣扁亀虫大扁亀虫姫扁亀虫黒扁亀虫樺扁亀虫松扁亀虫扁平亀虫鋸扁亀虫小扁亀虫扁亀虫扁椿象

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android