コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルザウ ヒルザウ Hirsau

2件 の用語解説(ヒルザウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒルザウ
ヒルザウ
Hirsau

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州にある人口約 2000の小村。シュワルツワルトの北東,シュツットガルト西約 30kmのナーゴルト渓谷に位置する。 830年創建のベネディクト会修道院は壮大な規模をもち,学問の一中心として一時はヨーロッパで最も有名な僧院の一つといわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒルザウ【Hirsau】

ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州の保養地。人口約2000。かつては修道院活動の中心地で,11~12世紀フランスクリュニーに発した修道院改革運動はここを起点としてドイツに伝播した。中世の建造物として,ベネディクト会修道院のアウレリウス教会(1059)と,ザンクト・ペーターウントパウル教会(1082‐91)が知られるが,いずれも現在は廃墟。後者の,塔やクリプタ(地下祭室)を避け平天井を用いた建築形式はドイツに広まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒルザウの関連キーワードビュルテンベルクエーベルバッハカールスルーエ城カールテオドール橋ギーンゲンバーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクマールバハルートウィヒスブルク城バーデン・ビュルテンベルク

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone