コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒレコダイ ヒレコダイ Evynnis cardinalis

4件 の用語解説(ヒレコダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒレコダイ
ヒレコダイ
Evynnis cardinalis

スズキ目タイ科の海水魚。全長 40cm内外。体は側扁し体高が高く卵形で,いわゆるタイ形をしている。背鰭の第3,4棘が長く糸状に伸びている。体は赤色で,体側上半部に青緑色の小斑が散在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ヒレコダイ

 [Evynnis cardinalis].タイ科チダイ属の海産魚.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒレコダイ【Evynnis cardinalis】

スズキ目タイ科の海産魚(イラスト)。南方系で,南日本,東シナ海,台湾,東インド諸島などに分布している。東京でチコ,京都,大阪でヒレチコまたはエビスダイと呼ぶ。体型は他のタイ類とよく似ているが,本種は背びれの第3,4棘(きよく)のみが糸状に長く延長する。体色は背側が美しい赤色で,腹側は淡い。また,マダイのように体の上半部に青緑色の小斑点が散在している。タイ類のうちでは小型で,全長35cmに達する。やや沖合の海底にすみ,甲殻類,貝類,棘皮(きよくひ)動物,多毛類などの底生動物を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒレコダイ
ひれこだい / 鰭小鯛
[学]Evynnis cardinalis

硬骨魚綱スズキ目タイ科マダイ亜科に属する海水魚。東シナ海だけから知られ、日本沿岸にはいない。体は卵形でよく側扁(そくへん)する。両顎(りょうがく)側部に2列の臼歯(きゅうし)がある。背びれ第3、第4棘(きょく)は著しく伸びて糸状を呈する。臀(しり)びれは近縁のチダイと同じく9軟条。体長約35センチメートル。体は淡紅色。体側に小青緑色斑点(はんてん)が散在する。東シナ海の大陸棚上に生息する底層遊泳魚で、底引網で漁獲される。淡紅色を帯びた白身の肉で、刺身、吸い物、塩焼き、煮つけなどにして賞味される。チダイによく似る。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒレコダイの関連キーワードシロギススズメダイナガヅカマダイアサヒダイイトヨリオオニベキグチゴウシュウマダイソコイトヨリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone