コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒレコダイ Evynnis cardinalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒレコダイ
Evynnis cardinalis

スズキ目タイ科の海水魚。全長 40cm内外。体は側扁し体高が高く卵形で,いわゆるタイ形をしている。背鰭の第3,4棘が長く糸状に伸びている。体は赤色で,体側上半部に青緑色の小斑が散在する。南日本に分布する。食用魚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒレコダイ【Evynnis cardinalis】

スズキ目タイ科の海産魚(イラスト)。南方系で,南日本,東シナ海,台湾,東インド諸島などに分布している。東京でチコ,京都,大阪でヒレチコまたはエビスダイと呼ぶ。体型は他のタイ類とよく似ているが,本種は背びれの第3,4棘(きよく)のみが糸状に長く延長する。体色は背側が美しい赤色で,腹側は淡い。また,マダイのように体の上半部に青緑色の小斑点が散在している。タイ類のうちでは小型で,全長35cmに達する。やや沖合の海底にすみ,甲殻類貝類,棘皮(きよくひ)動物,多毛類などの底生動物を食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒレコダイ
ひれこだい / 鰭小鯛
[学]Evynnis cardinalis

硬骨魚綱スズキ目タイ科マダイ亜科に属する海水魚。東シナ海だけから知られ、日本沿岸にはいない。体は卵形でよく側扁(そくへん)する。両顎(りょうがく)側部に2列の臼歯(きゅうし)がある。背びれ第3、第4棘(きょく)は著しく伸びて糸状を呈する。臀(しり)びれは近縁のチダイと同じく9軟条。体長約35センチメートル。体は淡紅色。体側に小青緑色斑点(はんてん)が散在する。東シナ海の大陸棚上に生息する底層遊泳魚で、底引網で漁獲される。淡紅色を帯びた白身の肉で、刺身、吸い物、塩焼き、煮つけなどにして賞味される。チダイによく似る。[赤崎正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒレコダイの関連キーワードタイ(魚)

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android