コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒーウマー島 ヒーウマートウ

2件 の用語解説(ヒーウマー島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒーウマー‐とう〔‐タウ〕【ヒーウマー島】

Hiiumaa》エストニア西部、バルト海にある島。スウェーデン語名ダゴ島またはダゲー島。主な町はカルドラ。16世紀から18世紀にかけてスウェーデン領となり、その後、第一次大戦までロシア領であった。全体的に平坦な地形で森林と湿原が多く、オオヤマネコ、テンなどが生息する。畜産と漁業が盛ん。西部のクプ半島にある灯台はバルト海沿岸で最も古いものの一つとして知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒーウマー島
ひーうまーとう
Остров Хийумаа Ostrov Hiyumaa 

バルト海東端部にある島で、エストニア共和国に所属する。面積約965平方キロメートル、最高点は標高54メートル。全体として平坦(へいたん)な地形で湿地が多い。おもに石灰岩からなる。産業は畜産と漁業で、西海岸のキルゲスサーレに海産物の加工・缶詰工場がある。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒーウマー島の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏総合年表(北・東・東南アジア)季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒーウマー島の関連情報