コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒーウマー島 ヒーウマートウ

デジタル大辞泉の解説

ヒーウマー‐とう〔‐タウ〕【ヒーウマー島】

Hiiumaa》エストニア西部、バルト海にある島。スウェーデン語名ダゴ島またはダゲー島。主な町はカルドラ。16世紀から18世紀にかけてスウェーデン領となり、その後、第一次大戦までロシア領であった。全体的に平坦な地形で森林と湿原が多く、オオヤマネコ、テンなどが生息する。畜産と漁業が盛ん。西部のクプ半島にある灯台はバルト海沿岸で最も古いものの一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒーウマー島
ひーうまーとう
Остров Хийумаа Ostrov Hiyumaa 

バルト海東端部にある島で、エストニア共和国に所属する。面積約965平方キロメートル、最高点は標高54メートル。全体として平坦(へいたん)な地形で湿地が多い。おもに石灰岩からなる。産業は畜産と漁業で、西海岸のキルゲスサーレに海産物の加工・缶詰工場がある。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒーウマー島の関連キーワードボルムシ島カッサリ島ダゲー島ダゴ島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android