コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒーラ細胞 ヒーラさいぼうHeLa cells

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒーラ細胞
ヒーラさいぼう
HeLa cells

ヘラ細胞ともいう。最も古くから知られた株細胞 (→組織培養 ) の一つ。 1951年にアメリカのジョンズ・ホプキンズ大学病院で G. O.ギーらによって,子宮頸部の癌患者から手術時に分離され,以来引続いて試験管内に培養されている癌細胞ヒーラは患者の名に由来している。継代培養が容易で,ウイルス増殖に適しているので,この細胞を使って,ウイルスの生産,定量分析,分離,抗体の分析などの研究が広く行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヒーラさいぼう【ヒーラ細胞】

ヒトの子宮頸癌組織から分離されて(1952年)以来、培養・保存されている上皮様の細胞株。人体からの組織培養株としては最初のもの。呼称は、原患者氏名の略称による。細胞の栄養要求の解析、細胞周期、細胞融合による雑種形成その他、広範囲の研究に使用されている。ヘラ細胞。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒーラ細胞
ひーらさいぼう
HeLa cell

現存する人体由来の培養株細胞のうち、もっとも古く分離されたもの。アメリカのガイG. Geyが1952年に子宮頸部扁平(けいぶへんぺい)上皮癌(がん)細胞の培養中に長期継代で安定な細胞を分離し、患者氏名の略称からヒーラ細胞と名づけた。現在では世界中の多くの研究室で細胞生物学的研究に使用されている。またウイルスの増殖に適しているので、この面でも利用価値が高い。染色体数は78~80を中心として分布し、人体皮下に移植すると腫瘤(しゅりゅう)をつくり、X線とコルチゾンで免疫機能を低下させた動物に移植することもできるので、癌としての性質を維持していると考えられる。[大岡 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒーラ細胞の関連キーワードムンプスウイルスコルチゾン子宮頸癌栄養要求細胞周期呼称大岡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒーラ細胞の関連情報