コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアリッツ ビアリッツBiarritz

5件 の用語解説(ビアリッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビアリッツ
Biarritz

フランス南西部,ピレネーザトランティク県のビスケー湾に面する町。かつては小漁港であったが,ナポレオン3世とその妃ウージェニーが特に海食崖,奇岩に囲まれた小港を愛して滞在してから高級避暑地,保養地として発展。「保養地の女王,王たちの保養地」と呼ばれ,国際的に有名。気候は温暖で,特色あるバスク地方の文化が魅力を加えている。 1865年のプロイセンとのビアリッツ密約の締結地。人口2万 8887 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビアリッツ(Biarritz)

フランス南西部、ピレネーザトランチック県の都市。バイヨンヌの近郊にあり、ビスケー湾に面する。19世紀にナポレオン3世と皇后ウージェニーが好んで訪れて以降、海岸保養地として発展。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビアリッツ

フランス南西部,ピレネー・ザトランティク県の町。ピレネー山麓,ビスケー湾岸にある。海水浴場,温泉があり,気候温和な保養地として有名。2万8742人(1990)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビアリッツ【Biarritz】

フランス南西部ピレネーザトランティク県の観光都市。人口2万9000(1990)。スペイン国境から28km,ランド地方にかけて連なる〈コート・ダルジャン(白銀海岸)〉に位置する。ナポレオン3世が離宮を構えるなど,19世紀後半から,全ヨーロッパに有名な社交的保養地,海水浴場として発展した。灯台や〈聖母の岩〉から見た砂浜と岩礁のつくり出す海岸風景は壮大である。海洋博物館のほか,カジノスポーツ施設があり,また,バスク地方各地への観光コースにも恵まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビアリッツ
びありっつ
Biarritz

フランス南西部、ピレネーザトランティク県の都市。バイヨンヌの西7キロメートル、スペイン国境に近いビスケー湾に面して位置する。人口3万0055(1999)。温和な気候と美しい砂浜、鉱泉に恵まれ、夏は海水浴場、冬は避寒地として知られる。もとは漁村であったが、ナポレオン3世とその皇后が好んで訪れるようになり、以来保養地として発展した。イギリスビクトリア女王エドワード7世も来訪した。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビアリッツの関連情報