コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオメハニカ Biomekhanika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオメハニカ
Biomekhanika

生物力学的演劇法,人体力学的演劇法ともいう。ソ連の演出家 V.E.メイエルホリドが 1920年代に創案した演技体系。メイエルホリド自身も創立に参加したモスクワ芸術座の演劇が,心理描写や言葉に重点を置く写実主義に偏していたのを批判し,俳優の肉体の律動性を強調するダイナミックな動きで強烈な舞台表現を目指した。しかし,そのスタイルがあまりにも漸新であったため,当時の前衛的活動家の多くがそうであったように,彼もまた 38年頃粛清された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビオメハニカ(〈ロシア〉biomekhanika)

ソ連の演出家メイエルホリドが提唱した俳優術理論。肉体的訓練を基礎とした舞台表現を目ざしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビオメハニカ【biomekhanika】

ソ連邦のメイエルホリドが提唱し,弟子たちにやらせた俳優の訓練法。初期のスタニスラフスキー・システムが俳優演技の基礎を内面体験におき,ひたすら〈そのつもりになる〉ことを主張したのに反発して,1917年の十月革命後提唱された。〈演劇の十月〉というアジ・プロ演劇確立の主張とほとんど時期を同じくしており,端的にいえばアメリカの技師F.W.テーラーが労働者管理の目的で唱えた肉体の効率よい使い方,すなわち〈科学的管理法〉をそのよりどころの一つとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビオメハニカ【biomekhanika】

ソ連の演出家メイエルホリドの提唱した俳優術の理論。俳優の激しい肉体的訓練をもとにして強烈な舞台表現を行おうとする方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ビオメハニカの関連キーワードスタニスラフスキー・システムロシア演劇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビオメハニカの関連情報