ビスケー湾(読み)ビスケーわん(英語表記)Bay of Biscay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスケー湾
ビスケーわん
Bay of Biscay

フランス西岸とスペイン北岸に囲まれた湾。スペインではビスカヤ湾 Golfo de Vizcaya,フランスではガスコーニュ湾 Golfe de Gascogne。ブルターニュ半島(→ブルターニュ)突端のウェッサン島からイベリア半島北西端のオルテガル岬まで,東-西,南-北とも約 500km。北岸(ブルターニュ半島南部)と南岸(スペイン側)は岩石海岸で入り込みが激しい。東岸は砂質海岸で比較的平滑であり,ロアール川ガロンヌ川の河口三角江(エスチュアリー)にナントボルドーの港町が発達。北西風による突然の激しい嵐と,最大 12mぐらいの潮差があることで有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビスケー湾【ビスケーわん】

フランスとスペインの間にある大西洋の湾入。スペイン語ではビスカヤVizcaya湾,カンタブリアCantabria海,フランスではガスコーニュGascogne湾と呼ぶ。北東部と南西部は出入の多い岩石海岸であるが,その他は比較的単調な海岸である。フランス側は浅く,スペイン側では急激に深くなる。北西風によって荒れることが多く,干満の差は世界最大(120cm)。バイヨンヌビアリッツビルバオサンタンデルヒホンなどの港がある。ニシン,タラがとれる。
→関連項目フランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビスケーわん【ビスケー湾 Bay of Biscay】

スペイン北西部オルテガル岬からフランスのブルターニュ半島西端に至る大西洋岸の湾。スペインではビスカヤ湾,カンタブリア海,フランスでは南の部分をガスコーニュ湾と称する。スペイン側は岩石海岸で天然の良港に富み,流入する河川の河口リアスríasはリアス海岸の語源。フランスのジロンド,アドゥール川間は砂浜海岸で,バイヨンヌ,ビアリッツ,サン・ジャン・ド・リュズはリゾート都市として知られる。カンタブリア海沿岸の主要都市はビルバオ,サン・セバスティアン,サンタンデルなど。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビスケーわん【ビスケー湾】

フランスのブルターニュ半島とスペインのイベリア半島北岸とに囲まれた大西洋の湾。大陸棚が広く、タラ・ニシンの好漁場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスケー湾
びすけーわん
Bay of Biscay

ヨーロッパ北西部にある大西洋の湾。フランス南西部アキテーヌ地方と、スペイン北部ビスカヤViscaya地方の間の海域。「ビスケー」は英語名で、フランス語名「ビスカイ湾」Golfe de Biscaye、またはガスコーニュ湾Golfe de Gascogne。スペイン語名ビスカヤ湾Golfo de Viscaya、またはカンタブリコ海Mar Cantbrico。面積約22万3000平方キロメートル、最大水深4732メートル。フランス側は大陸棚が発達し、ニシン、タラの好漁場。海岸では潮の干満の差が大きく、最大12メートルに及ぶ。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android