コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビセンテ Vicente, Gil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビセンテ
Vicente, Gil

[生]1465/1470頃.ギマランエス
[没]1536頃.リスボン
ポルトガルの劇作家,詩人。マヌエル1世の宮廷付き金銀細工師,リスボン造幣所長をつとめた。 1502年王妃マリアの出産を祝う『牛飼いの独白』 Monólogo do Vaquero朗読を機に文学活動を開始,多くの戯曲を書いて宮廷で上演した。作品は息子のルイースによって編集された『ジル・ビセンテ全作品集』 Copilaçam de todalas obras de Gil Vicente (1562) に集められているが,痛烈な社会風刺,教会批判を含むと同時に深い宗教性,豊かな抒情性をたたえている。代表作,道徳劇『霊魂』 Auto da Alma (18) ,『地獄の船』 Auto da Barca do Inferno (17) をはじめとする「船」3部作,笑劇『インド』 Auto da Índia (09) ,『菜園の老人』 Farsa do Velho da Horta (12) ,『イネース・ペレイラ』 Farsa de Inês Pereira (23) ,『ベイラの判官』 Farsa do Juiz da Beira (25) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ビセンテ Vicente

?-1609 織豊時代の日本人修道士。
養方軒パウロの子。父とともに京都で受洗し,天正(てんしょう)8年イエズス会に入会。安土セミナリヨでおしえたのち,肥前加津佐(長崎県)にうつり親子で「サントスの御作業の内抜書(うちぬきがき)」などの「キリシタン版」の訳業にたずさわった。天文(てんぶん)9年(1540)ごろの生まれか。慶長14年5月死去。若狭(わかさ)(福井県)出身。通称は洞院(とういん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビセンテ【Gil Vicente】

1465?‐1535?
ポルトガルの劇作家。〈ポルトガル演劇の父〉とも呼ばれている。しかしその生涯はほとんど不明。16世紀ポルトガルの工芸細工品の最高傑作と称されている聖遺物箱を作ったジル・ビセンテと同一人物であるか否か昔から論じられているが,まだ解決をみていない。彼の作品からうかがえる高い教養は,彼が高等教育を受けたことを思わせるが,その証拠はなく,大学教育を受けていないというのが一般的な見解である。彼は個々の作品をそれぞれ独立して刊行しており(一部は手稿本),このため現在まで〈オリジナル〉の形で残っているものはほとんどない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビセンテ【Gil Vicente】

1465頃~1535頃) ポルトガルの劇作家。喜劇・教訓劇など四十数編を著す。三部作「船」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のビセンテの言及

【ウィンケンティウス[サラゴサの]】より

…スペインの殉教聖人。スペイン語ではビセンテVicente。〈バレンシアのウィンケンティウス〉ともいう。…

【ポルトガル文学】より

… 16世紀はポルトガルのルネサンス期であり,この時期に生まれた文学作品の量の多さ,その質の高さからポルトガル文学史の〈黄金時代〉と呼ばれている。この時代を代表する作家としては数多くの宗教劇,風俗劇などの作品を残したジル・ビセンテがおり,ルネサンス期のヨーロッパ文学を代表する叙事詩ともいわれている。《ウズ・ルジアダス――ルシタニアの人びと》(1572)を著したルイス・デ・カモンイスがおり,イタリアに滞在しイタリアから新しい詩型と詩法のかずかずをポルトガルに紹介した抒情詩人サ・デ・ミランダFrancisco de Sá de Miranda(1481?‐1558),ポルトガルの近代小説の幕開けを告げた人ともいわれるリベイロBernardim Ribeiroなどがいる。…

※「ビセンテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビセンテの関連キーワードマヌエル(1世)(ポルトガル王)ウィンケンティウス[サラゴサの]エルネスト セディジョエンリケ[航海王子]ビセンテ フォックスセント・ビンセント岬エドウィン バレロシエラ・モレナ山脈ナルシソ イェペスラファエル コレアセントビンセント岬バルラベント諸島ピンソン(兄弟)ベルデ岬[諸島]民族抵抗武装軍サンビセンテ岬ウーゴ ビアナビセンテロペス制度的革命党ブラガ大聖堂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビセンテの関連情報