ビタミンB複合体(読み)ビタミンビーふくごうたい(英語表記)vitamin B complex

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB複合体
ビタミンビーふくごうたい
vitamin B complex

ビタミン発見のきっかけとなった脂溶性Aと水溶性B成分のうち,後者は 1927年,さらに耐熱性のもの ( B2 ) と易熱性の神経炎因子 ( B1 ) に分けられた。 37年には B2 成分がさらに抗ペラグラ因子であるニコチン酸とニコチン酸アミド (ナイアシン) その他のビタミンを含むことが明らかにされた。これらビタミン群の粗製品をビタミンB複合体という。このなかに含まれているビタミンは,上記のほかに B6 (ピリドキシン) ,パントテン酸,葉酸,パラアミノ安息香酸,コリン,ビオチン,B12 (シアノコバラミン) ,B13 (オロット酸) ,イノシトール,チオクト酸などがある。B複合体から B1 を除いた残りを B2 複合体と呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビタミンビー‐ふくごうたい〔‐フクガフタイ〕【ビタミンB複合体】

ビタミンB群が混在する複合体。水溶性。初めビタミンBとよばれたが、のちに分離されて単一でないことがわかった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android