コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB12と代謝異常 びたみんびーじゅうにとたいしゃいじょう

1件 の用語解説(ビタミンB12と代謝異常の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

びたみんびーじゅうにとたいしゃいじょう【ビタミンB12と代謝異常】

 ビタミン12は、水溶性(すいようせい)のビタミンの一種です。このビタミンB12は、たんぱく質を構成するアミノ酸や、ビタミンの一種である葉酸(ようさん)の代謝(合成や、分解)にはたらきかける物質(酵素(こうそ))を助ける役割をもっています。また、遺伝の情報が記録されるデオキシリボ核酸(かくさん)(DNA)という物質の合成にもかかわっています。
 このビタミンが不足すると、悪性貧血(あくせいひんけつ)(コラム巨赤芽球性貧血と悪性貧血」)や神経の障害がおこります。
 過剰症はとくにおこりません。
●原因
 日本人には、食事によってビタミンB12が不足するケースは、ほとんどみられません。
 ほかの病気で胃を切除したり、胃になんらかの病変があると、このビタミンの吸収がさまたげられ、ビタミンB12欠乏症の原因になります。
 また、ビタミンB12がはたらきを助ける酵素に異常があったり、このビタミンの利用や運搬に関係する酵素やたんぱく質に異常があり、そのためにおこる先天的ビタミンB12代謝異常もあります。
●検査と診断
 悪性貧血や神経障害の有無をみて、ビタミンB12欠乏症が疑われたら、血中のビタミンB12の値を調べます。これが診断に役立ちます。
 また、アミノ酸(バリン)を服用し、その代謝産物であるメチルマロン酸の尿中の排泄量(はいせつりょう)を調べて、ビタミンB12がどの程度はたらいているかを調べることもあります。
●治療
 ビタミンB12欠乏症の治療は、ビタミンB12薬の服用または注射により行なわれます。
●予防
 日本人では、ふつうに食事をしていれば、ビタミンB12欠乏症はおこらないとされています。
 しかし、高齢者ではビタミンB12栄養状態が問題になることがあります。高齢化社会を迎えた日本でも、このビタミンに目をむける必要があります。
 ビタミンB12は、動物性食品にだけ含まれています。
 牛・豚・鶏の肝臓、魚(内臓を含む)や貝に多く含まれ、ついで牛・豚・鶏の肉、魚介類、鶏卵にも、比較的多く含まれています。
 これらは、いずれも良質のたんぱく質を含む食品ですが、健康の維持増進には、さまざまな食品をバランスよく食べることが望まれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ビタミンB12と代謝異常の関連キーワードビタミンLビタミンB12ビタミンB複合体脂溶性ビタミン水溶性水溶性ビタミン後天性ビタミンB12欠乏ビタミンK3脂溶性ビタミン (fat soluble vitamins)水溶性ビタミン (water soluble vitamins)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone