コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビトラ ビトラBitola

4件 の用語解説(ビトラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビトラ
Bitola

セルボ=クロアチア語ではビトリ Bitoljトルコ語ではモナスティル Monastirマケドニア南端の都市。首都スコピエに次ぐ第2の都市。標高 615mの高台にあり,ペラゴニア地方の経済,文化の中心地。スコピエとギリシア方面を結ぶ交通の要地でもある。バルカン戦争 (1912~13) により 500年にわたるオスマン帝国の支配から脱した。金属,食品,皮革,繊維,たばこ工場などがある。周辺部は穀物,タバコを産する農業地帯。人口 12万 2173 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビトラ

マケドニアの南西部の都市。ギリシアとの国境に近い同国最南端の都市で,標高615mの所に位置する。ギリシア人がつくり,ローマ時代にはヘラクレア・リンセスティスと呼ばれた町の近くに,スラブ人によって建設された町で,オスマン帝国時代にはモナスティルと呼ばれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビトラ【Bitola】

マケドニア南西部の都市。セルビア語ではビトリBitolj。人口7万7000(1994)。ギリシア時代のヘラクレイアHērakleia近くに11世紀にスラブ人がこの町を造った。1382‐1912年はオスマン帝国が支配し,モナスティルMonastirとよばれた。早くから商業・交通・文化の中心地として栄え,東方問題との関連で戦略的にも重要な町となり,多くの公使館が置かれた。第2次大戦後は金属,食品,繊維など工業が発達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビトラ
びとら
Bitola

マケドニア共和国南部の都市。ペラゴニアPelagonija峡谷南部、標高600メートルに位置する。市の西側にはペリステル山(標高2601メートル)がそびえる。面積1798平方キロメートル。人口8万4400、地区人口11万7600(2003推計)。旧ユーゴスラビア時代に使用されたセルビア・クロアチア語ではビトリBitoli。地区のマケドニア人は90.9%を占める(1994)。オスマン帝国支配下にあった時期には、修道院を意味するトルコ語名モナスティールMonastirとして知られた。高原上にあるので、最良の牧草地に恵まれ牧畜が盛ん。穀物、タバコ、アカネ、ケシが栽培されている。金属、皮革、じゅうたん製造の工業もある。伝統的に通商の拠点として栄え、往時には12か国の領事館が存在していたといわれる。学校も多く、オスマン帝国の改革者として有名なケマル・アタチュルクも、ここの軍事アカデミーで教育を受けた。19世紀末にはテッサロニキにつぐ革命運動の拠点となった。しかし、第二次バルカン戦争後にマケドニアがギリシア、セルビア、ブルガリアによって分割され国境が設定されると、ほかのバルカン諸国とのつながりは断たれた。第二次世界大戦後の市街地復興に際しては、伝統的建築物の保存が配慮されたため、いまも往時の繁栄をしのぶことができる。マケドニア共和国の電力の8割は火力発電によってここから供給されている。[大庭千恵子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビトラの関連情報