コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルカ Birka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルカ
Birka

スウェーデン中東部,メーラレン湖のビョルケー島にあるスウェーデン最古の都市。 800年頃バイキングによって建設された都市で,9世紀中期にはバイキングの重要拠点として発展,その後約1世紀の間スウェーデン随一の交易地として隆盛をきわめた。北ヨーロッパ諸国はもとより,イングランドビザンチン帝国から中国にいたる世界各地と交易関係をもっていたことが,発掘品から証明された。しかし 10世紀末には交易ルートの変化などによって,急速に衰退し廃墟と化した。城壁に守られた海辺の町は現在瓦礫が残るだけであるが,町の東側にはルーン文字が刻まれた墓石や墓標 2500あまりが並ぶ同国最大の共同墓地跡がある。 1993年アデルスユー島のホーブゴーデンとともに世界遺産の文化遺産として登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビルカ(Birka)

スウェーデン、ストックホルム郊外のメーラレン湖内、ビョルケー島にあるバイキング時代の遺跡。9世紀ごろ、各国との交易の拠点となり栄えた。19世紀以降、城壁や多数の墳墓と副葬品などが発掘されている。1993年、同時代の遺跡が発見されたホーブゴーデンとともに「ビルカとホーブゴーデン」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビルカ【Birka】

中部スウェーデン,メーラル湖中の島ビョルケーBjörköの北西端に位置するバイキング時代の交易地。《聖アンスガール伝》など文献によれば,9~10世紀に諸国から船が集まった。考古学的研究も8世紀末から970年ころ,この地住民が手工業と交易に関与したことを示す。遺跡は,浜と高さ2m,幅6~13mの石・土製の半円壁に囲まれ,その内側の面積は約12ha。半円壁はヘゼビュー(ハイタブ)のそれと同様10世紀前半の建造。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ビルカの関連キーワードカパック・ニャン アンデスの道ビルカとホーヴゴーデントゥパック・アマルーインテグラーゼ阻害剤トゥパック・アマルーマチュピチュ遺跡サルカンタイ山アウサンガテ山マチュ・ピチュレフコウィッツビルカバンバ抗ウイルス剤ラトビアの道ウルバンバ川インカ文化エイブリーデュプレシビンガムシクアニクスコ県

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビルカの関連情報