コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーグル beagle

翻訳|beagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーグル
beagle

イヌの1品種。イギリス原産の小型狩猟犬で,エリザベス朝時代 (16世紀後半) にやや大型の狩猟犬ハーリアとイギリス土着のハウンドを混血してつくられたと考えられる。現在でもヨーロッパの一部ではビーグルの群れを使ってノウサギ狩りが行われている。しかし,一般には家庭犬として普及している。性質は快活。狩猟犬の血統からか,散歩中でもほかの動物の匂いをたどるのが好きである。体高 33~40cm。体重 8.2~13.6kg。四肢はたくましく,胴に比べてやや短い。頭部はドーム形で吻が長く,耳は垂れ耳。尾はまっすぐで,高く上げていることが多い。被毛は短く密で,防水効果をもつ。短毛種以外に粗毛種もある。毛色は四肢と尾の先と腹側が白色,ほかの部分は黒,茶,白の3色が混じるのが普通。体高 30cm以下のものをミニチュアあるいはエリザベスビーグルと呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビーグル(beagle)

犬の一品種。英国原産のうさぎ狩り用猟犬。体高約35センチ。体つきはがっしりし、耳は垂れ、毛は短くて白・黒・褐色がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビーグル

イヌの一品種。体高約25cm,体重8〜12kgのタイプと約37cm,15〜18kgのタイプがある。英国原産のウサギ猟犬。猟野ではよく響くほえ声を出しながら獲物を追うことから〈シンギング・ビーグル〉ともいわれる。
→関連項目シュルツ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ビーグル【Beagle】

イギリス原産の小型犬。15世紀後半の文献に名前が見られる古い品種である。嗅覚に優れ、群れでウサギなどの猟を行うため、攻撃性が低くほかの犬にも愛想がよい。白、黒、褐色のまだら模様が人気である。チャールズ・M・シュルツの漫画に登場するスヌーピーが、この品種。JKCでは、第6グループ(嗅覚ハウンド)に分類する。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ビーグル【beagle】

イヌの一品種。イギリス原産。中形で、体高35センチメートルほど。頭は半球状で大きく、長く垂れた耳をもつ。毛は短くなめらか。ウサギ猟に用いられていた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーグル
びーぐる
beagle

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、イギリス原産。ウサギ猟に用いられる小形獣猟犬で、小さいがしっかりした体躯(たいく)をもち、筋腱(きんけん)がよく発達している。頭部はやや丸みがあり、口吻(こうふん)は角張っていて、鼻鏡は猟犬らしく大きい。耳のつき位置はやや低く、先は丸い。目はわりに大きくて丸く、丸みをもった耳とともに、可憐(かれん)な表情をつくりだしている。本種を数頭で山に放すと、音楽的なよく通るほえ声をあげながら獲物を追う。体質強健、扱うのに手ごろな大きさ、個体変異が少ないことなどから、猟犬としてばかりでなく、実験犬としても利用されている。短毛で、毛色は白、黒、褐色のハウンドマーキング。体高30~38センチメートル。家庭犬としても人気がある。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビーグルの関連キーワードフィッツロイ川(オーストラリア北西部、ウェスタン・オーストラリア州)ウェルケア ビーグル専用宇宙船ビーグル号の冒険ダーウィンハナガエルプエルトウィリアムズビーグル・ハーリアサンクリストバル島ネズミザメ(鼠鮫)宇宙船ビーグル号ビーグル号航海記フエゴ島国立公園ビーグル38能勢フリンダーズ川ビーグル[種]トライダーG7バン・ボークトガラパゴス諸島ビーグル水道フィッツロイフエゴ[島]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーグルの関連情報