コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピサリデス ピサリデス Pissarides, Christopher A.

2件 の用語解説(ピサリデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピサリデス
ピサリデス
Pissarides, Christopher A.

[生]1948.2.20. ニコシア
キプロス生まれの経済学者。フルネーム Christopher Antoniou Pissarides。1970年イギリスエセックス大学で学士号,1971年修士号,1973年ロンドン大学スクール・オブ・エコノミクス LSEで博士号を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピサリデス
ぴさりです
Christopher A. Pissarides
(1948― )

キプロスとイギリスの二重国籍をもつ経済学者。キプロスのニコシア生まれ。1970年にイギリスのエセックス大学を卒業し、1973年にロンドン・スクール・オブ・エコノミックスで森嶋通夫(もりしまみちお)の門下生として経済学博士号を取得した。その後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス教授を務める。取引相手を個々に探す(サーチsearch)場合の分析に使うサーチ理論search and matching theoryを労働市場に適用した功績で、ダイヤモンド(マサチューセッツ工科大学教授)、モルテンセン(ノースウエスタン大学教授)とともに2010年のノーベル経済学賞を受賞した。
 株式市場のように需要と供給ですぐに価格が決まる市場(ワルラスの一般均衡的取引)ではなく、売り手や買い手が取引相手を個々に探す市場では、商品に関する情報不足や取引成立にコストや時間がかかることで、需要があっても取引が成立しない「市場の摩擦」search frictionsが生じる。労働市場で、求人があるのに大量の失業が存在する状態がこれに該当する。ピサリデスはモルテンセンとともに、サーチ理論を労働市場の分析手法として活用し、失業と求人の併存、失業保険の充実による失業の増大や失業期間の長期化などの現象を巧みに説明するのに成功した。ピサリデスが1990年に著した『Equilibrium Unemployment Theory』(邦訳『均衡失業理論』)は現在、失業問題に関する標準的な参考書になっている。
 世界銀行、経済協力開発機構(OECD)、イングランド銀行などの労働政策の顧問なども歴任。ヨーロッパでは、ピサリデスらの分析を基にした求職・求人情報の共有、労働者の技能向上などの雇用政策が功を奏し、イギリス、オランダ、北欧諸国などで失業率の低下につながった。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピサリデスの関連キーワードグリコシダーゼシアリダーゼニコシアレフコシアにこにこ顔聖ニコライロシア教会ライキイトニアレフコシャおこしあめメコシアニン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone