コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッティ美術館 ピッティびじゅつかんGalleria Pitti

世界大百科事典 第2版の解説

ピッティびじゅつかん【ピッティ美術館 Galleria Pitti】

イタリアのフィレンツェにある国立美術館。ガレリア・パラティーナGalleria Palatina(王宮美術館)とも言われ,銀器美術館,近代美術館とともにパラッツォ・ピッティPalazzo Pitti内にあり,2階左半分(北部)を占める。このパラッツォは,15世紀後半にフィレンツェの富裕な商人であったピッティLuca Pittiの邸宅として着工,1549年にはメディチ家の手に渡り,以後メディチ家代々の邸館として増築が重ねられ,背後には広大なボボリ庭園も設けられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッティ美術館
ピッティびじゅつかん

パラッツォ・ピッティ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピッティ美術館
ぴってぃびじゅつかん
Galleria Palatina, Palazzo Pitti

フィレンツェのアルノ川の南側にあり、15世紀から18世紀のイタリア絵画を収蔵する、この分野では同地のウフィツィ美術館に並んで重要な美術館。メディチ家、サボイア王家などの住居として使われてきたパラッツォ・ピッティが、1919年ビットリオ・エマヌエレ3世からイタリア国家に寄贈されたもので、二階のパラティーナ絵画館、一階の16、17世紀の工芸品を展示する工芸美術館、三階の19世紀以降の絵画・彫刻を展示する近代美術館を擁している。設計はアルベルティによるといわれ、着手は1470年ころであったが、依頼主の政商ルカ・ピッティの失脚により、工事はまもなく中断された。のち1549年にトスカナ公コジモ・デ・メディチの妃の所有となり、以来改装拡張工事が続けられて、1839年に北の翼廊が完成して今日みられる形態となった。粗い切石(きりいし)を積んだいわゆるルスティカ式宮殿の代表作に数えられており、背後にはルネサンス式のボボリ庭園が付属している。所蔵品の大部分はメディチ家が所有していたもので、『大公の聖母』『椅子(いす)の聖母』『マッダレーナ・ドーニの肖像』を含む11点のラファエッロ、『アルビエの聖母』『洗礼者ヨハネ』など16点のアンドレア・デル・サルト、14点のティツィアーノ、8点のティントレットなど、およそ500点の作品が往時のギャラリーさながらに壁面全体を埋め尽くしている。[湊 典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピッティ美術館の関連キーワードリッピ(Fra Filippo Lippi(1406―69))マジェンタの戦いの後のイタリア陣営ヴェールを被る女性ポンテ・ベッキオファン・ダイクピッティ宮殿ラファエッロペルジーノサッセッタクールトアアッローリドゥプレローザソドマリッピ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android