コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュテアス ピュテアス Pytheas

2件 の用語解説(ピュテアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュテアス
ピュテアス
Pytheas

前 300年頃在世したマッシリア (現マルセイユ) 生れのギリシアの地理・天文学者。主著『大洋諸国』 Peri tou Ōkeanouは散逸したが,カディスを経てイギリスを探検,北欧諸国を訪れ,バルト海ウィスラ河口にいたり,さらに極北の地トゥレーに言及したことが知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピュテアス【Pytheas】

前4世紀後半ころに活躍したマッサリア(現,マルセイユ)の探検家。探検記《大洋について》は残存せず,ポリュビオスストラボンらによりその事績が知られるだけである。フランス西海岸からグレートブリテン島を一周,この島の大きさや住民,アイルランドの存在について伝え,さらにその北方のトゥーレに至り,この地が北極圏下に位置するとしている。この地がノルウェーアイスランドのいずれかを決定することは困難であるが,海流の関係等から前者であろうとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のピュテアスの言及

【赤潮】より

…湖沼の水の華を構成する代表的な属は,ミクロシスティス,アナベナ,セネデスムス,アンキストロデスムスなどである。
[記録]
 赤潮発生に関する記録で最も古いのは,ギリシアのピュテアスPytheasによるアイスランド近海での報告(前325)であろうと言われる。旧約聖書の《出エジプト記》にはナイル川の水の赤変で魚が大量に死んだことが書かれている。…

【赤潮】より

…湖沼の水の華を構成する代表的な属は,ミクロシスティス,アナベナ,セネデスムス,アンキストロデスムスなどである。
[記録]
 赤潮発生に関する記録で最も古いのは,ギリシアのピュテアスPytheasによるアイスランド近海での報告(前325)であろうと言われる。旧約聖書の《出エジプト記》にはナイル川の水の赤変で魚が大量に死んだことが書かれている。…

【アルビオン】より

…最古の記録は,前500年ころのヒミルコ航海記にあり,ヒベルニアすなわちアイルランド島と並んでアルビオン島の記載がある。アリストテレス作といわれている《宇宙論》でも両島が並記されているが,前330年ころのピュテアスPytheasの航海記ではプレタンニカ(ブリタニア)島と表現され,以後はこの名称の方が一般化していく。語源に関しては,通常ドーバー海峡の白亜の断崖と関連づけて,ラテン語のアルブスalbus(白)に由来すると解釈されるが,高地を意味するケルト語のalpを起源とする説や,さらにゴール語起源説もある。…

【ゲルマン人】より

…ゲルマンという呼称の由来は不詳であるが,この語が文献上最初にあらわれるのは,前80年ころ,ギリシアの歴史記述家ポセイドニオスが,前2世紀末におけるゲルマンの小部族,キンブリ族Cimbriとテウトニ族Teutoniのガリアへの侵寇を叙述した記録においてである。もっともそれ以前,前4世紀の末に,マッシリア(マルセイユ)にいたギリシア人航海者ピュテアスが,ノルウェーやユトランド半島に出向いた際の記録の一部が残っているが,そこではまだそこに住んでいた民族について,ゲルマンという呼称は使われていない。 考古学的出土品を根拠に,新石器時代までさかのぼって,ゲルマン人の居住分布が推定されるが,それによると,ゲルマン人の原住地は,南スウェーデン,デンマーク,シュレスウィヒ・ホルシュタイン,並びにウェーザー,オーデル両川にはさまれた北ドイツを含む一帯の地域であったというのが,現在の定説である。…

【北極】より

…【八木沢 三夫】
【探検史】
 古代ギリシアでは極北の地をトゥーレThoulē(ラテン語ではThule,またとくにUltima Thule)と呼んで世界の北端と信じ,ヒッパルコスによればトゥーレ周辺は人間の住み得ぬ土地とされていた。しかし前320年ころギリシア人ピュテアスがマッサリア(現,マルセイユ)を出発し,ブリタニア(グレート・ブリテン島)を発見し,北方にあるこのトゥーレの探査を試みた。トゥーレは現在グリーンランド(バフィン湾北)の地名チューレとして残っているが,ピュテアスはおそらくアイスランドを訪れ,海氷縁に達したのではないかといわれる。…

※「ピュテアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピュテアスの関連キーワードふっさりもっさりダカーポアリアどっさり節埼玉県さいたま市大宮区三橋奈良県奈良市山陵町是一(4代)曾我紹叔ガロ・ロマン時代マッサリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone