コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロシキ pirozhki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロシキ
pirozhki

ロシアのパン。パン生地またはパイ生地でさまざまなものを包み,油で揚げたりオーブンで焼いたもの。中身は炒めた肉や魚,野菜,米飯,またはゆで卵ジャムなどである。本来1人分のものをピロシキ,大きく作って切分けるものをピローグという。日本に伝来したのは大正時代末期で,ロシア革命で日本に逃れた料理人が伝えたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピロシキ(〈ロシア〉pirozhki)

パン生地やパイ皮などに肉・魚・野菜やジャムなどを包み、油で揚げたりオーブンで焼いたりしたロシア風のパイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピロシキ

ロシア料理の一つで肉などを詰めたパン。小麦粉をこねイーストで発酵させ,さらに牛乳,卵,砂糖を加えたものを皮とし,ひき肉と刻んだタマネギ,ゆで卵,キノコなどを入れ,紡錘形や半月形にまとめて天火で焼くか油であげる。チーズ,キャベツなども使用,間食軽食とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ピロシキ【pirozhok(ロシア)】

代表的なロシア料理の一つ。ひき肉・たまねぎ・ゆで卵・きのこなどの具を、小麦粉をこねた皮で包み、油で揚げるかオーブンで焼いたもの。前菜や軽食として用いられる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピロシキ【pirozhki】

小麦粉の皮で肉や野菜をつつんだロシア料理の一種。語源的には〈小さなピローグ〉(ピローグはパンのこと)を意味するが,料理品目としてはほとんど独立している。外皮にはイーストを入れて発酵させた練粉を用いるのがふつうで,詰物としては味つけをした牛や豚のひき肉,魚肉,あるいはゆで卵,米,キノコ,キャベツなどが使われる。天火で焼いたものと油で揚げたものの2種類に大別される。家庭における惣菜にも,正式な食事での前菜(ザクースカ)にも使われるが,ロシアの都市では四季を通じて街頭でつくり立てのピロシキが立売りされ,歩きながらほおばる市民の姿が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピロシキ【pirozhki】

ロシア風の肉饅頭まんじゆう。小麦粉の皮で、ひき肉・春雨・きのこ・卵などをいためた具を包み、揚げたりオーブンで焼いたりしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピロシキ
ぴろしき
пирожки pirozhki ロシア語

ロシアまんじゅう。ピロシキとよばれるが、正式にはピラシキーで、1個ならピラジョークпирожок/pirozhokであるが、習慣で1個でもピラシキーとよんでいる。ピロシキは俵形、棒形が標準形だが、大形、変形にはピローグпирог/pirog、ラステガイ、クレビャーカ、クールニクがある。表皮は小麦粉の練ったもので、イースト入り、バターの多いパイ皮式、ベーキングパウダー入りがあり、これで種々の中身を包む。中身は肉、魚、卵、米、野菜、ジャムなどで、調理は油焼き、油で揚げたり、天火焼きにする。
 ピローグは四角、楕円(だえん)形、円形で、クレビャーカは背高いもの、棒状、細長いものがあり、両者とも数人分以上の大形で、切り分けて食べる。クールニクは小形と大形があり、鶏肉を入れる。ラステガイはピロシキの中央をすこしあけて中身をみせる。これらは温前菜、スープの付け合せ、中身が肉なら肉料理、魚なら魚料理の一品料理としても通用する。軽食、弁当にもなり、ジャム入りは茶うけとなる。ピロシキは比較的近代のものだが、ニコライ2世の戴冠(たいかん)式のときのメニューにもみえ、現在、空港、街頭でも売られ、粉料理の代表格で、その名は広く普及し、いつでもどこでも多くの人に親しまれている。[長屋美代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピロシキの関連キーワードロシア人春雨

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピロシキの関連情報