コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンダーリー ピンダーリー Pindari; Pendhār

2件 の用語解説(ピンダーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンダーリー
ピンダーリー
Pindari; Pendhār

18世紀から 19世紀初頭にかけて北インド,中央インドを荒した群盗。イギリス植民地軍に滅ぼされた藩王の失業軍人などから成る盗賊団で,マラータ諸侯とも結びついてイギリス軍と戦った。 1817年イギリス軍はマラータ軍に対して3度目の戦争 (第3次マラータ戦争 ) を挑み,18年にはほぼピンダーリーを一掃した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンダーリー
ぴんだーりー
pir

インドのマラータ諸侯の不正規兵力をなした武装集団。その首領にはパターンアフガン)系の武将がみられるが、集団は多種族混成であった。語源は彼らの愛飲する酒の名とも、儀礼の際に火中に投じる聖餅の名ともいわれる。17世紀末に存在をたどりうるが、18世紀の政治的混乱のなかで地方の土侯の傭兵(ようへい)となって略奪盗賊によりながら肥大したものであろう。19世紀初めにマラータのシンディア家がマールワで彼らの首領に土地を支給してから、その勢力は中央インドに広く及び、ハイデラバードからマドラス管区北部に進出してイギリスに脅威を与えた。ヘースティングズ総督は1817年ピンダーリー掃滅戦を開始して成功したが、これは第三次マラータ戦争を誘発することとなった。[高畠 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピンダーリーの関連キーワードカラッチゴシック小説古典学派セグーバガモヨアラード要塞ジローナトレンチーンБургасマウンダー極小期

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone