ピーセムスキー(英語表記)Pisemskii, Aleksei Feofilaktovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピーセムスキー
Pisemskii, Aleksei Feofilaktovich

[生]1821.3.23. コストロム,ラメニエ
[没]1881.2.2. モスクワ
ロシアの小説家。貧しい貴族の家に生れ,役所勤めのかたわら文筆活動を続け,『なまけ者』 Tyufyak (1850) で,農奴解放前の地方社会の生活,特に貴族の道徳的退廃を描いた。作品の多くは当時の革命的批評家たちによって反農奴制の政治的宣伝の材料とされたが,彼自身はそうした運動に共鳴していたわけではなく,『波立つ海』 Vzbalamuchennoe more (63) で風刺さえしている。ほかに『千の魂』 Tysyacha dush (58) ,『40年代人』 Lyudi sorokovykh godov (69) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピーセムスキー【Aleksei Feofilaktovich Pisemskii】

1821‐81
ロシアの作家。古い貴族の家庭に生まれ,モスクワ大学卒業後10年間,故郷コストロマで役人生活を送り,地方の地主や小作人の生態を間近に観察,それをもとに《怠け者》(1850),《喜劇役者》(1851)を発表し,ゴーゴリ的リアリズムの伝統をつぐ者として高い評価を受ける。農奴解放前夜の農村生活に題材をとった長編《千の魂》(1858),戯曲《悲運》(1859)はその代表作。だが1860年代には《読書文庫Biblioteka dlya chteniya》誌を主宰し,当時の革命運動を攻撃する小品を連載,特に長編《荒れさわぐ海》(1863)では,革命運動を貴族の無為の産物と決めつけ,そのために進歩派陣営から反ニヒリズム作家とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピーセムスキー
ぴーせむすきー
Алексей Феофилактович Писемский Aleksey Feofilaktovich Pisemskiy
(1821―1881)

ロシアの小説家。モスクワ大学卒業。農村の貴族、地方都市の商人や官吏、大都市の貧しい知識人など、19世紀中葉のロシアのさまざまの社会層の姿を精緻(せいち)な風俗描写を通じて描いている。代表作として『ふとん』(1850)、『千の魂』(1858)、『荒れ騒ぐ海』(1863)、『渦の中で』(1871)などがある。[直野 敦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android