コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイトプラズマ

3件 の用語解説(ファイトプラズマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ファイトプラズマ

マイコプラズマ様微生物(MLO)とも。植物に萎黄叢生症状を引き起こす原核微生物の総称。細菌の一種だが,多形性で細胞壁を欠き,培地上での人工培養が困難。ヨコバイなどの昆虫によって媒介され,植物の師部で増殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ファイトプラズマ(Phytoplasma)

植物に寄生し、さまざまな病害の原因となる特殊な細菌。かつてマイコプラズマに類似した病原が発見されたため、マイコプラズマ様微生物とよばれていた。主にヨコバイウンカなどの昆虫によって媒介され、天狗巣病葉化病などを引き起こす。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファイトプラズマ
ふぁいとぷらずま
Phytoplasma

クワ萎縮(いしゅく)病、イネ黄萎(おうい)病、キリてんぐ巣病など、萎黄叢生(いおうそうせい)症状を示す植物の病気の病原。これらの病気は従来ウイルスが病原と考えられていたが、1967年(昭和42)土居養二(1927―2006)らによって、世界で初めてマイコプラズマmycoplasmaに類似した微生物が病原であることが発見された。この病原微生物は、人工培養ができないため諸性質が不明で長い間分類学的位置が決定されず、マイコプラズマ様微生物とよばれていたが、マイコプラズマとは異なった性質を有することが明らかにされ、1994年以降、ファイトプラズマとよぶことになった。電子顕微鏡下で観察される形態は多形性で60~1200ナノメートルの大きさで、細胞壁がなく、原形質膜(限界膜ともいう)で包まれていて、中心にDNA(デオキシリボ核酸)がある。植物体内では、篩管(しかん)内、篩部柔細胞や伴細胞に局在する。感染した植物は、萎黄、叢生、萎縮、花の葉化など特徴のある全身病徴を示す。ヨコバイ類によって媒介され、わが国では20種以上の病害が報告されている。とくにイネ黄萎病、クワ萎縮病、キリてんぐ巣病など全国的に発生し被害が大きい。なお、この微生物はテトラサイクリンに感受性がある。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファイトプラズマの関連情報