天狗巣病(読み)テングスビョウ

大辞林 第三版の解説

てんぐすびょう【天狗巣病】

枝や葉が一か所から密生する樹木の病気。鳥が巣をかけたように見える。サクラなどに多く、子囊菌類や担子菌類の寄生による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報