コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファテープル・シークリー ファテープルシークリー

百科事典マイペディアの解説

ファテープル・シークリー

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州アーグラの西約40kmの丘陵にあるムガル帝国の都跡。1574年アクバル帝によって建設され,十数年にわたって帝国の都が置かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産情報の解説

ファテープル・シークリー

アグラ近郊にあるファテープル・シークリーは、ムガール帝国第3代アクバル皇帝が息子の誕生を予言した聖者への感謝として築いたといういわれのある城です。14年間住んだだけで遷都してしまい、そのまま廃墟となったため400年前の建物がそのままの形で残されています。アクバル皇帝は領土の安定統治のため宗教融和策をとり、そのあらわれとしてイスラム建築とインドの伝統技術を融合させたアクバル式と呼ばれる独自の建築様式でファテープル・シークリーを築きました。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

ファテープル・シークリーの関連キーワード城(軍事的構築物)世界遺産モスク