コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラデー定数 ファラデーていすうFaraday constant

4件 の用語解説(ファラデー定数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラデー定数
ファラデーていすう
Faraday constant

単にファラデーともいう。素電荷 e の荷電粒子の集団 1mol がもつ電気量を表わす普遍定数。記号は F 。アボガドロ数を NA として次のように表わす。 ファラデー定数は 1mol の1価イオンを電気分解によって析出するのに必要な電気量に等しく,ファラデーの電気分解の法則によって1化学当量イオンすべてに対し一定である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

ファラデー定数【Faraday constant】

電子1モルの運びうる電気量のこと.9.6485309×104 クーロン/モルである.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ファラデー定数

 電気分解で,電極に析出する物質の量は流れる電流の量に比例し,1グラム当量が析出するのに要する電気量は96487クーロンである.この定数をファラデー定数といい,1ファラデーとよぶ.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のファラデー定数の言及

【電気分解】より

…電気分解の際の電気量と析出する物質量は1化学当量を析出するのに9万6487Cの電気量を必要とする(ファラデーの法則)。この電気量をファラデー定数と称しFで表す。電気分解は反応が起こるために必要な⊿Gを電気エネルギーとして供給するものであるから,最低限必要な電圧Erは ZFEr=⊿Gで決まる。…

【ファラデーの法則】より

…したがって,すべての物質の1グラム当量を電気分解で析出させるのに必要な電気量は相等しい。この電気量はファラデー定数と呼ばれ,記号Fで表す。1F=9.648456×104C/mol。…

※「ファラデー定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone