ファラデー定数(読み)ファラデーていすう(英語表記)Faraday constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単にファラデーともいう。素電荷 e の荷電粒子の集団 1mol がもつ電気量を表わす普遍定数。記号は F 。アボガドロ数を NA として次のように表わす。
ファラデー定数は 1mol の1価イオンを電気分解によって析出するのに必要な電気量に等しく,ファラデーの電気分解の法則によって1化学当量のイオンすべてに対し一定である。 F は銀電量計などを用いて精密測定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

電子1モルの運びうる電気量のこと.9.6485309×104 クーロン/モルである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 電気分解において、一モルの物質を析出するのに要する電気量。「ファラデーの法則」の発見により、明らかになった。記号F 〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

一価のイオン1 mol がもつ電気量.基本物理定数の一つ.記号 F電気素量eアボガドロ定数NA の積に等しい.

F = 96485.3399(24)C mol-1
電気量の単位として用いるときには,単にファラデーともいう.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファラデー定数の言及

【電気分解】より

…電気分解の際の電気量と析出する物質量は1化学当量を析出するのに9万6487Cの電気量を必要とする(ファラデーの法則)。この電気量をファラデー定数と称しFで表す。電気分解は反応が起こるために必要な⊿Gを電気エネルギーとして供給するものであるから,最低限必要な電圧Erは ZFEr=⊿Gで決まる。…

【ファラデーの法則】より

…したがって,すべての物質の1グラム当量を電気分解で析出させるのに必要な電気量は相等しい。この電気量はファラデー定数と呼ばれ,記号Fで表す。1F=9.648456×104C/mol。…

※「ファラデー定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android