コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファランクス

2件 の用語解説(ファランクスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ファランクス

古代ギリシアの盾(たて)・長槍を持った重装歩兵の密集隊形。陸戦部隊の中核。テーバイスパルタのものが有名だが,特にマケドニアフィリッポス2世が改良・強化したものをいい,アレクサンドロス大王の東征で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファランクス
ふぁらんくす
phalanxギリシア語

古代ギリシアにおける基本的な歩兵の戦闘隊形。ギリシア方陣密集方陣と訳す。紀元前8世紀後半、重装歩兵の出現に伴い、従来の個人戦闘にかわって現れ、前7世紀後半以降、本格的なものになった。重装歩兵の長い横列を8列ほど重ねてつくられたファランクスは、弱点である側面と背面を騎兵に擁護され、恐るべき攻撃力を発揮した。前4世紀前半にエパミノンダスは、左翼の厚みを約50列にする斜方陣をくふうし、フィリッポス2世以後のマケドニアのファランクスは、16列ほどの厚みと機動力と戦士の長槍(やり)で長く無敵を誇った。ローマ人の戦闘隊形も、前4世紀初めまではファランクスであったと考えられる。
 なお、ファランクスということばは20世紀になって次の二つの名称に転用された。
(1)スペインの政党ファランヘ党Falange Espaolaの名称。ファランへfalangeはギリシア語ファランクスphalanxのスペイン語表記である。同志党とも訳される。
(2)艦艇の対空近距離防空火器の英語名称。CIWS(シウス)(近接防御武器システム)の一種。CIWSは、対空ミサイルや中口径砲による防御を突破した敵のミサイルを2~9キロメートルの近距離で撃墜するために艦艇に搭載される小口径砲で、対空艦艇防御の最後のシステムである。最初に開発されたCIWSが、1980年にアメリカで実用化されたファランクスで、CIWSの役割にふさわしい名称である。世界的にもっとも多く用いられ、海上自衛隊でも採用されている。ハイテク技術の粋(すい)を集めた装置で、20ミリ6連機関砲からなり、発射速度は4500発/分である。[清永昭次]
『ピーター・コノリー、L・E・ユンケル著、福井芳男・木村尚三郎監訳『世界の生活史25 ギリシア軍の歴史』(1989・東京書籍) ▽「特集 CIWSの話」(『世界の艦船』1991年11月号・海人社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファランクスの関連キーワードアテネギリシア語ギリシア神話ギリシア哲学ギリシア独立戦争ギリシア悲劇ギリシャ語ギリシャ文字鉄の盾トロイア戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファランクスの関連情報