コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・デル・フース Hugo van der Goes

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・デル・フース【Hugo van der Goes】

1440ころ‐82
フランドルの画家。1467年ヘントで自由親方に登録。68年ブリュージュでブルゴーニュ公シャルルの結婚式の装飾を担当する。75年アウグスティヌス会のローデ修道院に助修士として入会。ケルンへの旅行途上,精神病の発作で帰国,以後同病に苦しむ。彼のどの作品にも署名はないが,フィレンツェの商人の注文になる《ポルティナーリPortinariの祭壇画》は記録上1475年か76年と定められうるため,他の作品もこの祭壇画の様式に基づき制作年代が推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のファン・デル・フースの言及

【フランドル美術】より

…カンピンの弟子と推定されるブリュッセルのR.ファン・デル・ウェイデンは,中世美術の宗教的力を新しい写実主義と結びつけ,主の〈受難〉を悲しむ人々の憔悴ぶりや頰を伝う涙などをありありと描いて,劇的表現力に満ちた作品を生み出した。15世紀後半に目を移すと,代表的画家のうち人物の心理的把握に優れたH.ファン・デル・フースは地元ヘントの出身であるが,ルーバンで活動したD.バウツは北部のハールレム出身,偉大な先人たちの作風を繊細甘美で親しみやすいものへと大衆化したブリュージュのH.メムリンクは元来ドイツ人である。初期フランドル絵画の卓越した伝統の吸引力と同化力がうかがわれる。…

※「ファン・デル・フース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・デル・フースの関連キーワードファン・デル・ウェイデンファン・アイク[兄弟]フルーニンゲ美術館ムーランの画家ファン・ヘントボッティチェリホッサールトダーフィト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android