コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアンフェルナンデス諸島 フアンフェルナンデスしょとうIslas Juan Fernández

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フアンフェルナンデス諸島
フアンフェルナンデスしょとう
Islas Juan Fernández

チリ西岸沖の太平洋にある同国領の島群。バルパライソの西約 650kmに位置するロビンソンクルーソー島 (旧称マスアティエラ島〈1966まで〉,面積 93km2) ,その西約 180kmにあるアレハンドロセルキルク島 (旧称マスアフエラ島〈66まで〉,85km2) ,ロビンソンクルーソー島の南西にある小さなサンタクララ島の3島と多数の岩礁から成る。火山島で,地形はけわしく,最高点はロビンソンクルーソー島で約 900m,アレハンドロセルキルク島では 1600m以上に達する。雨が多く,気候は温暖。アレハンドロセルキルク島は密林におおわれるが,ロビンソンクルーソー島の原生林は大部分伐採されている。野生のヤギが多いほか,ブタ,ウシ,ウマなども導入されている。 1563年頃スペイン人航海者フアン・フェルナンデスの一行が来訪,数年間島に住んだが,その後は訪れる人もほとんどなかった。 1704年スコットランド人水夫アレグザンダー・セルカークがみずからロビンソンクルーソー島に上陸,09年イギリス船に救出されるまで島で孤独な生活をおくった。イギリス帰還後発表された島での体験談に着想を得て,D.デフォーが『ロビンソン・クルーソー』を書いたといわれる。 19世紀初めチリ領となり,政治犯などの流刑地として利用された。現在ロビンソンクルーソー島以外は無人島。同島に住むわずかな住民はサンフアンバウティスタ村に集中。周辺の海域は豊かな漁場で,ロブスター漁が島民の主産業となっており,サンチアゴやブエノスアイレスへ出荷される。バルパライソからの船便,サンチアゴからの航空便があり,最近は観光客も訪れるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フアンフェルナンデス諸島の関連キーワードフェルナンデスオットセイ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android