コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィゾスチグミン フィゾスチグミン physostigmine

2件 の用語解説(フィゾスチグミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィゾスチグミン
フィゾスチグミン
physostigmine

C15H21N3O2 。エゼリンともいう。西アフリカ原産のマメ科のつる性草本カラバルマメの種子に存在するアルカロイドエーテルまたはベンゼルから柱状または板状晶として得られる。安息香酸クエン酸サリチル酸臭化水素酸,塩酸,ピクリン酸などと塩をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィゾスチグミン【physostigmine】

エゼリンeserinともいう。西アフリカ,ギニアのカラバル川流域に産するマメ科の植物Physostigma venenosumの種子に含有されるアルカロイド。この種子を現地人はエゼルマメ,白人はカラバルマメと呼んでいる。かつてギニア原住民の間で,この豆を裁判に用い,食べて死亡すれば有罪,助かれば無罪としたと伝えられ,強い毒性を有する豆である。1865年にその毒性成分が結晶形で単離され,植物名からフィゾスチグミン,現地人の言葉からエゼリンと名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフィゾスチグミンの言及

【アセチルコリンエステラーゼ】より

…酵素活性はきわめて高く神経活動の速さを十分に説明しうる。アルカロイドの一種フィゾスチグミン(ユゼリン)やプロステグミンはこの酵素を可逆的に阻害し,副交感神経の興奮をもたらす。【柳田 充弘】。…

【自律神経薬】より

…この種の薬物は,アセチルコリン,ムスカリン,ピロカルピン,メタコリンなどのように直接受容体に作用するものと,神経終末から放出されたアセチルコリンを分解する酵素であるコリンエステラーゼを阻害して,アセチルコリンの蓄積をもたらすもの(抗コリンエステラーゼ薬)とに大別される。抗コリンエステラーゼ薬としては,フィゾスチグミン,ネオスチグミンなどがある。副交感神経興奮薬によっておこる反応としては,心拍数低下,気管支収縮,消化管運動亢進,唾液・消化液・気道分泌液などの分泌増加,縮瞳などがみられる。…

※「フィゾスチグミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィゾスチグミンの関連キーワードエゼリン西アフリカ諸国経済共同体アフリカ菫ブラックアフリカホワイトアフリカ汎アフリカ主義アフリカデーソコケ南西アフリカ西アフリカ語群

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone