コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシャルト フィッシャルトFischart, Johann

3件 の用語解説(フィッシャルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィッシャルト
フィッシャルト
Fischart, Johann

[生]1546. シュトラスブルク
[没]1590. フォルバック
ドイツの作家。 16世紀ドイツ最大の大衆的な風刺作家で,プロテスタント側に立つ論客としても知られる。イタリアオランダイギリスを遍歴。バーゼル大学で学位を得,弁護士,官吏などもつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィッシャルト【Johann Fischart】

1546‐90
ドイツの人文主義作家。独創的構想より,風刺やパロディと一体化した奔放なマニエリスム的表現の豊かさで当代無比を誇った。シュトラスブルク(現,ストラスブール)に生まれ,作品の大半も同地で書かれたが,青年時代はパリやシエナ,イギリスやオランダなど各地を遍歴,また晩年はザール地方のフォルバハという小都で法務官として日を送った。代表作《ガルガンチュア戯史》(1575)はラブレーの原作を約3倍に増幅・翻案したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッシャルト
ふぃっしゃると
Johann Fischart
(1546―1590)

ドイツの地方司法官で風刺作家。シュトラスブルク生まれ。人文主義的教養と通俗語源学を武器に、カルバン派の立場から時代の悪弊を批判した。独創的な作品は乏しいが、自由奔放な翻訳や改作によってドイツ語の表現力の可能性を高めた。代表作はラブレーの『ガルガンチュワ』に拠(よ)った『奇想天外の書』(1575)、堅実で勤勉な市民精神をたたえた『チューリヒの幸福な船』(1576)など。[尾崎盛景]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フィッシャルトの関連キーワード足利義晴表千家黒田官兵衛孝高(よしたか)足利義輝ウルガタ黒田孝高国泰寺千少庵千道安武田勝頼

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone