コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシュミール fish meal

翻訳|fish meal

デジタル大辞泉の解説

フィッシュ‐ミール(fish meal)

魚粉。主に家畜の補足飼料とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フィッシュミール

魚粉とも。生魚を煮熟,圧搾,乾燥し粉末としたもの。初めは肥料として製造されたが,現在ではおもに飼料とされ,一部はタンパク質源食料にも利用されている。ホワイトミールとブラウンミールに分かれ,前者はタラ,カレイのような白身魚を原料とし,後者はニシン,イワシのような赤身魚を原料とする。
→関連項目イワシ(鰯)飼料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

フィッシュミール

 魚粉魚粕ともいう.魚を原料に調製した粉で魚体を蒸煮して乾燥したもの.多くの場合,脂肪をとって別に利用する.蒸煮したあと,搾って固形部分と液状部分を分離して製造することもある.前者の乾燥物を魚粉,後者の乾燥物をフィッシュソルブルという場合もある.後者を前者と混合して乾燥する場合もある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィッシュミール【fish meal】

魚を煮熟,圧搾,乾燥,粉砕などの工程で処理して得られる粉末状のもの。魚粉ともいう。主に家畜や養魚の飼料用であるが,精製したものはふりかけなど食品製造の材料にもなる。フィッシュミールの原料には魚から筋肉や内臓の一部など可食部を除いた頭,尾,内臓など不可食部が主に用いられるが,全魚体も使用される。不可食部原料の代表的なものは,北洋工船および沿岸工場の冷凍すり身製造にあてられたスケトウダラ残滓(ざんさい)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フィッシュミール【fish meal】

魚の不可食部分を乾燥させて粉末にしたもの。多く飼料に用いる。魚粉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッシュミール
ふぃっしゅみーる
fish meal

魚体を蒸し煮、圧搾し、乾燥させて粉末としたもの。魚粉(ぎょふん)ともいう。フィッシュミールは、多獲性の小形魚類を肥料として利用するためにアメリカで始められた。1920年代の中ごろから急速に進歩し、肥料だけでなく飼料や食糧としても発展してきている。日本では、第二次世界大戦前はニシン、イワシ類が原料として使用されたが、戦後はイワシ類、サバ、サンマなどが主原料とされ、スケトウダラ、カレイ類なども使用されている。輸入フィッシュミールではアンチョビー、ニシン、ヨーロッパ産イワシ類のピルチャード、サバ、アジなどの多獲性赤身魚がおもな原料として使用されている。
 マダラ、スケトウダラ、カレイ類などの白身の魚からつくられた魚粉をホワイトミールといい、イワシ類、サンマ、サバのような赤身の魚を原料として製造されたものをブラウンミールという。フィッシュミールは、大部分が家畜用の配合飼料の原料として消費されており、養鶏や養魚用としても重要な製品である。
 食用魚粉としては、マダラ、スケトウダラ、タイ類などの白身の魚類の筋肉を煮熟し、繊維をほぐして乾燥させた「そぼろ」が古くからつくられ、煮熟イワシまたは焼乾イワシを粉末にしたものは調味料や「ふりかけ」の原料などに使われる。また、イワシ類、ニシンなどの魚肉を細断してアルコール混合液で処理し、水分、脂肪分などを除去した食用魚粉である魚肉タンパク質濃縮物(FPC:fish protein concentrate)もあり、これは白色で栄養価が高く、魚臭もないのが特徴といわれている。[望月 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フィッシュミールの関連キーワードフィッシュソリュブル魚粕(ぎょかす)ソウダガツオ大谷 武夫白色ミール海外漁業ハドックヘイク水産業

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android