コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウキンチョウ Thraupidae; tanagers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウキンチョウ
Thraupidae; tanagers

スズメ目フウキンチョウ科の鳥の総称。全長 10~20cm。約 370種からなり,近年の系統関係を重視した分類によって,科内においてもほかの科への移動がかなりある。ほかの科から移された鳥も多く,和名はあまり変更されないので,フウキンチョウと呼ばれない種も多い。たとえばミツドリやルリミツドリ,クサビオノジコ,ヒメウソ,ダーウィンフィンチなどがある。また,ほかの科へ移動した鳥にはフウキンチョウの名だけが残る鳥もいる。南北アメリカ大陸に分布するが,大部分の種は中央アメリカ南アメリカの熱帯の森林に,数種が北アメリカに生息する。羽色は色彩に富み,美しいものが多い。おもに樹冠で生活し,果実,液果,昆虫類などを食べる。皿形の巣を樹上や低木の枝の上につくり,多くのものは美しい色の卵を 2個産む。日本には飼鳥として輸入されるが,羽色がきれいなだけでさえずりは貧弱なので,好事家がたまに飼うくらいである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フウキンチョウ
ふうきんちょう / 風琴鳥
tanager

鳥綱スズメ目ホオジロ科フウキンチョウ亜科に属する鳥の総称。この亜科Thraupinaeには49属205種がある。北アメリカには全身朱色のナツフウキンチョウ、翼と尾の黒いアカフウキンチョウなど5種があり、ほかはすべて熱帯の中央・南アメリカに分布する。全長約8~28センチメートル。嘴(くちばし)は短くてじょうぶ。熱帯の樹冠に生息し果実、昆虫などを食べる。雄は、赤色型、青色型、黄色型、黒色型、緑色型、橙(とう)色型そのほかとりどりの色彩を備えた、光沢のある実に美しい鳥である。雌はいずれもじみな緑黄色系のものが多い。
 花の蜜(みつ)を食べるミツドリ類も同一亜科に属するが、ツバメフウキンチョウは1種で別亜科を構成する。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フウキンチョウの関連キーワードフウキンチョウ(風琴鳥)ムクドリモドキコウカンチョウカリブ亜区風琴鳥坂根

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android