コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンウナギ(風船鰻) フウセンウナギgulper eel

1件 の用語解説(フウセンウナギ(風船鰻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンウナギ【フウセンウナギ(風船鰻) gulper eel】

フウセンウナギフウセンウナギ科深海魚。体型はウナギ形だが,体の前半は後半部に比べ太い。口は大きく裂け,両あごの歯は鋭く内側に反っており,おもに魚類を捕食する。微小な眼が上あごの先端にあり,1mを超える個体でも眼径は3mm程度である。尾びれは紐状に長くのびその先端に発光器をもつ。背びれとしりびれは体の中央付近より尾びれの基底部まで体長のほぼ半分を占める。体表にうろこはなく,化骨の進んでいない骨格をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone