コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンウナギ(風船鰻) フウセンウナギ gulper eel

1件 の用語解説(フウセンウナギ(風船鰻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンウナギ【フウセンウナギ(風船鰻) gulper eel】

フウセンウナギフウセンウナギ科深海魚。体型はウナギ形だが,体の前半は後半部に比べ太い。口は大きく裂け,両あごの歯は鋭く内側に反っており,おもに魚類を捕食する。微小な眼が上あごの先端にあり,1mを超える個体でも眼径は3mm程度である。尾びれは紐状に長くのびその先端に発光器をもつ。背びれとしりびれは体の中央付近より尾びれの基底部まで体長のほぼ半分を占める。体表にうろこはなく,化骨の進んでいない骨格をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フウセンウナギ(風船鰻)の関連キーワードカワヤツメ朝鮮牛ヌタウナギ大鰻田鰻沼田鰻風選白子鰻細沼田鰻

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone