コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイジョアーダ フェイジョアーダ〈ポルトガル〉feijoada

4件 の用語解説(フェイジョアーダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フェイジョアーダ(〈ポルトガル〉feijoada)

フェジョアーダ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フェイジョアーダ

ブラジルの料理。植民地時代に北東部のプランテーションで働く黒人奴隷たちが,白人の食べない豚の足や耳,皮,しっぽ,臓物などを塩漬にしておき,フェイジョンという黒豆とともに長時間煮込んで食べたのに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

フェイジョアーダ【feijoada(ポルトガル)】

ブラジル料理の一つ。フェイジョン・プレトという黒いいんげん豆、種々の燻製(くんせい)肉や干し肉、リングイッサという生ソーセージ、豚の脂身・耳・豚足などを香辛料とともにじっくりと煮込み、塩で味つけしたもの。ご飯とともに食べる。ブラジルでは水曜日土曜日に食べることが多い。◇「フェジョアーダ」ともいう。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェイジョアーダ【feijoada】

フェイジョン(インゲンマメ)を主体としたブラジルの代表的な料理。牛肉,豚脂,干し肉,ソーセージベーコン,そのほか豚の足,皮,耳,鼻等(これらの使用は最近減少)をこの豆と長時間塩味で煮込んだもので,北部ではカボチャ等の野菜も入れる。植民地時代に起源をもち,白人の好まない肉の残余物の料理法として,黒人奴隷が発達させた。今日では水曜日,土曜日の昼食に,米,マニオク粉,チリメンキャベツ等とともに供される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェイジョアーダの関連情報